最近の変更サイトマップ

サーバのESXi化が泥沼化

SAS6i/Rを試してみる

SAS6i/Rを入手したので、こいつにHDDをぶら下げてPCIパススルーでかつると思いきや、勝てなかった\(^o^)/ パススルーしてみたら、FreeBSDのブートでこけやがる…。デバイスは認識されるもののmpt_wait_req(6) timed outというログが出て先に進まない。非仮想環境だと普通にブートする。 そして、SAS6i/Rには2TBの壁があった・・・orz 搭載されているLSISAS1068Eの仕様のようで、どう足掻いても回避不能。2.2TB超のドライブは先頭2047GiB分しか使えない。ググってるとファーム更新で“support 3TB HDD”的な情報も引っかかるが、3TB HDDを認識するようになったという意味での“support 3TB”っぽいので要注意。1068EなHBA持ってる人は素直に諦めるんだ。君も男なら聞き分けたまえ。 英語力が足らないので間違ってるかもしれないが、3Gbps世代のLSI Logicのコントローラには2TBの壁があると見て良さそう(→この辺)。 さらばSAS6i/R。今どき3TB HDDに対応してないI/Fなんて使えるかああああ

オンボードSATAをパススルーしてみる

というわけで、最終手段、オンボードSATAをパススルーしてみる。

うちの鯖にくっついてるストレージは以下の10台。

  • システム用HDDx2(RAID-1)
  • データ用HDDx7(3台でRAID-Zにしてストライピング+スペア1台)
  • ESXiのデータストア用SSDx1

これらが、H77(6ポート)、ASM1061(2ポート)、88SE9123(2ポート)の3系統にぶら下がっている。

データストアが繋がってる系統はパススルー出来ない──つまり、HDD9台のうち1台はRDMで繋がざるを得ない。となるとESXiの2TBの壁に当たるが、システム用HDDが750GBなので取りあえずは問題なし。この1台だけda扱いとなり非常に気持ちが悪いが、最早止むを得まい。

H77 SATAとASM1061をパススルーしてESXiを再起動。

・・・あれ、恒久ストレージが無いってvSphere Clientに怒られてるんですけど。パススルーしてないハズの88SE9123が見えないんですけど。どうなってんだー。

Comments




blog/2012/2012-10-29.txt · 最終更新: 2015-01-06 11:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0