最近の変更サイトマップ

FreeBSD 11.0RにしたらVirtualBoxが動かなくなった(´・ω・`)

先日、家鯖をFreeBSD 11.0-RELEASEに更新してからVirtualBoxが動かなくなった。起動しようとするとVirtualBox: supR3HardenedExecDir: sysctl failedとエラーを吐いて終了する。sysctlに失敗するってどういうこっちゃ。

当該ソースはSUPR3HardenedMain.cppの1243行目付近で、VirtualBox自身の実行ファイルパスを取得してる部分。

# else /* RT_OS_FREEBSD */
    int aiName[4];
    aiName[0] = CTL_KERN;
    aiName[1] = KERN_PROC;
    aiName[2] = KERN_PROC_PATHNAME;
    aiName[3] = getpid();
 
    size_t cbPath = sizeof(g_szSupLibHardenedExePath);
    if (sysctl(aiName, RT_ELEMENTS(aiName), g_szSupLibHardenedExePath, &cbPath, NULL, 0) < 0)
        supR3HardenedFatal("supR3HardenedExecDir: sysctl failed\n");
    g_szSupLibHardenedExePath[sizeof(g_szSupLibHardenedExePath) - 1] = '\0';
    int cchLink = suplibHardenedStrLen(g_szSupLibHardenedExePath); /* paranoid? can't we use cbPath? */
 
# endif

何の変哲もないコードだし、特に最近変わったような雰囲気もない。原因切り分けのため、上記コードと同じ事をする簡単なテストコードをでっちあげて実行してみたら、同じように失敗する。

#include <sys/param.h>
#include <sys/sysctl.h>
#include <stdio.h>
 
int main(void)
{
    int pid = getpid();
    int mib[4] = { CTL_KERN, KERN_PROC, KERN_PROC_PATHNAME, pid };
 
    printf("pid = %d\n", pid);
 
    size_t bufSize = 1024;
    char buf[bufSize];
    int result = sysctl(mib, 4, buf, &bufSize, NULL, 0);
    if (result < 0)
    {
        perror("sysctl");
    }
 
    return 0;
}
-------- 実行結果 --------
$ ./sysctltest
pid = 66245
sysctl: No such file or directory

supR3HardenedExecDirでググるとprocfsをマウントし忘れてんじゃね?という投稿が出てくるが、今回の問題箇所はprocfsを不要とするための部分なのでprocfsをマウントしようがしまいが変わらない(大体今までprocfsマウントしてなくても動いてたし…)、と思いつつ藁をも掴む思いでマウントしてみたけど、やっぱり何の解決にもならなかった\(^o^)/

portsでソースからのインストールも試みたけどビルドがコケるし、もぅマヂ無理。リスカしょ…。

参考サイト

Comments




blog/2016/2016-11-08.txt · 最終更新: 2016-11-09 16:45 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0