最近の変更サイトマップ

FreeBSD 11からfreebsd-bootパーティションが64KBじゃ足りなくなった件

タイトルの通りでござる(ヽ´ω`)

FreeBSD 11が入っているSSDの入れ替え作業でパーティションを切り直していた際、例によってブートコードを書き込もうとしたら空き容量がないと怒られた。

# gpart bootcode -b /boot/pmbr -p /boot/gptzfsboot -i 1 ada15
gpart: /dev/ada15p1: not enough space

パーティション構成は前のSSDからの丸コピーであるからして、FreeBSD 10から11に更新した時にブートコードの更新をしていなかった、ないし今回のようにエラーが出ていたもののスルーしてたって事になる。FreeBSD 11にしてから5ヶ月経つというのに今まで気付かなかった……。古いブートコードでよく起動できてたなっていう。

念のため調べてみた所、やはりFreeBSD 11.0-RELEASEで/boot/gptzfsbootの容量が87KiBに増え、64KBのパーティションでは物理的に収まらなくなったようだ。エラッタにも、次のような記載がしっかりとなされていた(ヽ´ω`)

[2016-10-21] The size of the GPT enabled ZFS boot blocks (/boot/gptzfsboot) has increased past 64K. Systems upgraded from older releases may experience a problem where the size of the existing “freebsd-boot” partition is too small to hold the new gptzfsboot. FreeBSD 11.0-RELEASE Errata

さて、これはどうしたもんかね…。まぁどうしたもこうしたもパーティションを拡大するしかないわけだが、ブートパーティションはディスクの先頭にあり、その直後にシステム&データパーティションが続いているので拡大の余地はないのだよ。このようなパーティション構成は極めて一般的だと思うし、とりわけFreeBSD 8/9時代にRootOnZFS環境を作って乗り継いできた人の殆どにとって頭の痛い問題なんじゃなかろうか。

ディスクの後方に空きがあるなら、そっちにfreebsd-bootパーティションに新設するってのが一番手っ取り早いかも?これはこれで凄い気持ち悪いのと、ブートローダの容量の壁(ディスクの先頭○GB以内に配置しないといけない系のやつ)にハマりそうな気がしなくもないが、2017年にもなって流石にもうないか?gpartのドキュメントによると、freebsd-bootパーティションは他のFreeBSD系パーティションの直前か直後に配置する必要があるそうなので、環境によっては完全に詰む可能性あり。

どうせ作り直すんだったらパーティションを超でっかくしたくなるが、最大545KBまでという制限もあるので要注意。起動時にfreebsd-bootパーティション全体がメモリに読み込まれるそうで、古のコンベンショナルメモリとの絡みから来る容量制限なのかしら?ゆとりの僕にはわかんないんです(・ω<)

これを機にUEFIブートに乗り換えるってのもありかなー。こっちはこっちでESPを確保しなければならないので、全く同じ問題を抱えてるわけですがね!

Comments




blog/2017/2017-03-26.txt · 最終更新: 2017-04-18 23:31 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0