最近の変更サイトマップ

C2750D4Iでwatchdogタイマーを使ってるならBMCのファームを上げるべし

C2750D4I/C2550D4Iを使ってるシステムで、かつウォッチドッグタイマーを有効にしているなら、今すぐBMCのファームウェアを00.30.00(2017-05-29時点の最新版)に更新した方がよさげ。

以前のファームウェアだと、ウォッチドッグタイマーのリセットがかかる度に、BMCの内蔵フラッシュメモリへ設定のバッグアップが行われてしまっている模様。つまり、タイマーのリセット間隔によっては短時間でBMCのフラッシュが亡くなり、最悪の場合マザボがまな板化するとのこと。

ASRockの更新履歴では「Fix on Watchdog Timer.」と一言しか言及されてないが、割とヤバげなバグな気がす。

ところで最近、うちのC2750D4I with FreeBSD 11は何かの拍子で落ちて勝手にリブートしてることがある。その時は必ず「Processor | FRB2/Hang in POST failure」というイベントが記録されているんだけど、これもファーム更新で直ったりしませんかね…。

参考サイト

Comments




blog/2017/2017-05-29.txt · 最終更新: 2017-05-29 18:54 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0