最近の変更サイトマップ

FreeBSD 12でRAID-Zのvdev拡張が出来るようになるかもしれない

Twitterを眺めてたら「ZFS RAIDZ expansion」なるパワーワードが目に飛び込んできた。

調べたところOpenZFS Developer Summit 2017で発表された機能で、その名の通りRAID-Zプールの構成を後から拡張できる機能のようだ。我らがFreeBSD Foundationからも声明が出ていた。Delphixとの協業のようで。

現在のRAID-Zではご存知の通り、後からプールのvdev構成を変更することが出来ない。この制約のため、例えばHDD×3本でRAID-Zプールを作ったが最後、容量が足りなくなってもHDDを1本追加してHDD×4本構成にするといった操作は不可能だ。容量を増やしたければ、HDDを大容量のものに入れ替えるか、別のvdevを追加するか(要するにHDD×n本のRAID-Zセットのストライピングにする)しかない。だがしかーし、RAID-Z expansionが実装されれば、前述のような直感的なプール拡張が出来るようになる。ZFSが今以上に使いやすくなること間違い無し!

声明によれば”FreeBSD 12.0で利用可能になるだろう”(RAID-Z expansion is expected to become available in FreeBSD 12.0.)とのこと。OpenZFSとしての実装になるようなので、実現の暁には多くの環境に恩恵があるだろう。FreeBSDのみならずZFS界隈にとって、なかなかインパクトのあるニュースではなかろうか。

現時点でFreeBSD 12のリリーススケジュールは未定だけど、とにかく楽しみな機能ですわー。

OpenZFS Developer Summit関連ついでに、ZFSをWindowsに移植するプロジェクトZFSinの存在も知った。マイルストンを見るに殆どの機能が実装されており、問題なく動きそうな雰囲気…!これも胸熱……!!

参考サイト

Comments




blog/2017/2017-10-27.txt · 最終更新: 2017-10-30 23:52 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0