最近の変更サイトマップ

Windowsインストール時にdiskpartで手動でパーティションを作る方法

いつごろからは知らんが少なくともWindows 10では、大規模更新時に回復パーティションの容量が不足していると、新たな回復パーティションを作るという大変お行儀の悪いことをしてくれやがる。だもんで、最近は手動でパーティションを切るようにしてるのだが、毎度やり方を忘れるのでメモ。

diskpartの起動

Windowsインストーラのパーティション設定画面でShift+F10を押すとコマンドプロンプトが開く。そこでdiskpartに入る。

パーティションの設定

GPT/UEFIで必要なパーティションと容量は下表の通り。

MS推奨

種類 ファイルシステム 容量 備考
ESP FAT32 従来100MiB、4kセクタの場合260MiB
MSR - 16MiB
Windows NTFS 最低20GiB Windowsのインストール先
回復 NTFS 最低300MiB、推奨1GiB

オレオレ構成

種類 ファイルシステム 容量 備考
ESP FAT32 512MiB 根拠:ESPの容量は512MiB以上が推奨らしい
MSR - 128MiB Windows 7ではこの容量だったので踏襲。後から足りなくなるよりはマシかと。
回復 NTFS 3072MiB 推奨容量×2+念のため1GiB
Windows NTFS 20GiB〜 パーティションを拡大・縮小する可能性があるので最後に配置

diskpartで設定

ディスクや容量は適宜読み替えてくだしあ。

GPTで初期化

select disk 0
clean
convert gpt

ESP

create partition efi size=512
format quick fs=fat32 label="System"
assign letter="S"

MSR

create partition msr size=128

回復

create partition primary
format quick fs=ntfs size=3072 label="Recovery tools"
assign letter="R"
set id="de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac"
gpt attributes=0x8000000000000001

Windows

create partition primary
format quick fs=ntfs label="Windows"
assign letter="W"

list volume, list partitionで↓こんな感じになってればおk

パーティション情報のリロード

コマンドプロンプトをexitか右上のバッテンを押して終了後、パーティション設定ウィンドウの「最新の情報に更新」を押し、設定したパーティション情報を認識させる。

あとは通常通りWindowsをインストールする。

参考サイト

Comments




blog/2017/2017-12-31.txt · 最終更新: 2017-12-31 12:26 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0