最近の変更サイトマップ

FreeBSD 11.1-RELEASE キタ―――(゚∀゚)――――!!

予定通りFreeBSD 11.1-RELEASEがリリースされた。めでたいめでたい。特定条件下の11.0RでVirtualBoxが動かない問題が直ってるハズなので、早速更新することにした。

基本はいつも通りfreebsd-updateするだけなのだが、現在の環境がFreeBSD 11.1-RC2の人は要注意。リリースアナウンスによれば、RC2でVirtualBoxを使ってる人はシステム更新の前にvirtualbox-ose-additionsを再インストールしないとカーネルパニックを起こすようだ。

うちは見事に該当してるので、手順に従う。

# pkg install -f virtualbox-ose-additions

これもリリースアナウンスに書いてあるが、念には念を入れ、vboxguestサービスを無効化しておく。経験的にVirtualBoxのカーネルモジュールとサービスはシステム更新時のハマりの原因になるので、必ず無効化することをオススメする。今まで何度地雷を踏み抜いたことか…(ヽ´ω`)

/etc/rc.conf
#vboxnet_enable="YES"
#vboxguest_enable="YES"
#vboxservice_enable="YES"

準備が出来たらいよいよfreebsd-updateだ。といっても、ここからはいつもの通り。

新しいシステムを取ってきて、

# freebsd-update -r 11.1-RELEASE upgrade
Looking up update.FreeBSD.org mirrors... 4 mirrors found.
Fetching metadata signature for 11.1-RC2 from update4.freebsd.org... done.
Fetching metadata index... done.
...

カーネルをインスコして、

# freebsd-update install
Installing updates...
Kernel updates have been installed.  Please reboot and run
"/usr/sbin/freebsd-update install" again to finish installing updates.

再起動して、

# reboot

ユーザーランドをインスコして、

# freebsd-update install
Installing updates... done.

再起動して、

# reboot

無事、FreeBSD 11.1-RELEASEの環境へ。

$ freebsd-version -ku
11.1-RELEASE
11.1-RELEASE

P4コマンドでファイルが変更済みかどうかを判定する

Perforceでチェックアウト中のファイルに変更があるかどうか──P4Vで言えば、チェンジリストのファイルアイコンが青くなってるかどうか、を調べるにはp4 diff -sr /path/to/fileを使う。ファイルに変更があれば何も返ってこず、変更がなければ与えたファイルのフルパスが返って来る。

■ファイルに変更がある場合
$ p4 diff -sr modified_file.cpp
$

■ファイルに変更がない場合
$ p4 diff -sr no_changes_file.cpp
/path/to/no_changes_file.cpp
$

もっと直接的に確認できる方法は無いのだろうか・・・?

参考サイト

C2750D4Iでwatchdogタイマーを使ってるならBMCのファームを上げるべし

C2750D4I/C2550D4Iを使ってるシステムで、かつウォッチドッグタイマーを有効にしているなら、今すぐBMCのファームウェアを00.30.00(2017-05-29時点の最新版)に更新した方がよさげ。

以前のファームウェアだと、ウォッチドッグタイマーのリセットがかかる度に、BMCの内蔵フラッシュメモリへ設定のバッグアップが行われてしまっている模様。つまり、タイマーのリセット間隔によっては短時間でBMCのフラッシュが亡くなり、最悪の場合マザボがまな板化するとのこと。

ASRockの更新履歴では「Fix on Watchdog Timer.」と一言しか言及されてないが、割とヤバげなバグな気がす。

ところで最近、うちのC2750D4I with FreeBSD 11は何かの拍子で落ちて勝手にリブートしてることがある。その時は必ず「Processor | FRB2/Hang in POST failure」というイベントが記録されているんだけど、これもファーム更新で直ったりしませんかね…。

参考サイト

C2750D4IのファンをIPMIで制御する

変態紳士ASRockの変態マザーC2750D4Iのファン速度を、IPMIで操作する方法のメモ。冷暖房不備の自宅サーバで使ってるもんで、夏場のここぞって時には強制的に回転数を上げたい時があるのだよ。制御方法はipmitoolコマンドでバイト列を投げるだけ。姉妹モデルのC2550D4I, C2450D4I+でも使えるらしい。これならファン制御ソフトのないFreeBSDでも使えるよ、やったねタエちゃん!!

ipmitool raw 0x3a 0x01 ア イ ウ エ オ カ 0x00 0x00

引数ア~カには対応するファンの回転数を指定する。値はPWMのデューティ比だと思われる。

引数 ファン
CPU_FAN1 0x01 : Smart Fan(BIOS設定での自動制御)
0x04 : 回転数最小
0xnn :  ⇅
0x64 : 回転数最大
CPU_FAN2
REAR_FAN1
REAR_FAN2
FRNT_FAN1
FRNT_FAN2

例えば、全部のファンをフル回転させるには以下のようにする。10進数も通るので、値は4~100で書いたほうが分かりやすいかも。

ipmitool raw 0x3a 0x01 0x64 0x64 0x64 0x64 0x64 0x64 0x00 0x00

実行例。

(最大)
$ sudo ipmitool raw 0x3a 0x01 0x64 0x64 0x64 0x64 0x64 0x64 0x00 0x00
$ ipmitool sdr type 'Fan'
CPU_FAN1         | 0Fh | ok  |  7.0 | 1300 RPM
REAR_FAN1        | 11h | ok  |  7.0 | 1900 RPM
FRNT_FAN1        | 13h | ok  |  7.0 | 1500 RPM
FRNT_FAN2        | 14h | ok  |  7.0 | 600 RPM
REAR_FAN2        | 15h | ns  |  7.0 | No Reading
CPU_FAN2         | 17h | lnc |  7.0 | 0 RPM

(最小)
$ sudo ipmitool raw 0x3a 0x01 0x04 0x04 0x04 0x04 0x04 0x04 0x00 0x00
$ ipmitool sdr type 'Fan'
CPU_FAN1         | 0Fh | ok  |  7.0 | 600 RPM
REAR_FAN1        | 11h | ok  |  7.0 | 800 RPM
FRNT_FAN1        | 13h | ok  |  7.0 | 500 RPM
FRNT_FAN2        | 14h | ok  |  7.0 | 600 RPM
REAR_FAN2        | 15h | ns  |  7.0 | No Reading
CPU_FAN2         | 17h | lnc |  7.0 | 0 RPM

(Smart Fan)
$ sudo ipmitool raw 0x3a 0x01 0x01 0x01 0x01 0x01 0x01 0x01 0x00 0x00
$ ipmitool sdr type 'Fan'
CPU_FAN1         | 0Fh | ok  |  7.0 | 1300 RPM
REAR_FAN1        | 11h | ok  |  7.0 | 800 RPM
FRNT_FAN1        | 13h | ok  |  7.0 | 500 RPM
FRNT_FAN2        | 14h | ok  |  7.0 | 600 RPM
REAR_FAN2        | 15h | ns  |  7.0 | No Reading
CPU_FAN2         | 17h | lnc |  7.0 | 0 RPM

なんぞCPU_FAN1の挙動がおかしいけど、他は設定値通りに動いてるようなので気にしない。

尚、本M/BのCPUはファンレスで概ね大丈夫(公式にはヒートシンクを通る風が2CFM未満の場合はファンが必要)なのだが、CPUよりも先にSATAチップの方が音を上げるので、筐体内のエアフローには配慮が必要だ。HDDへ長時間アクセスすると特定のHDDが脱落する現象に見舞われていたが、どうも原因はSATAチップの過熱のようだった。なんたって触れるとアチッとなるくらいだったので。

とりあえずクールスタッフを貼り付けて、マザボを冷やす12cmファンも設置して様子見中。

参考サイト

240TB書き込まれたIntel DC S3500 600GBのベンチマーク

Steamマシン用に中古のIntel SSDSC2BB600G4を購入した。使用時間24506時間≒1021日、総書込量246775GB≒240TBという中々使い込まれたブツだが、この辺は商品説明に載ってたので納得ずくでの購入である。稼働時間の割に電源投入回数が22回と極めて少なく、240GB/日の書き込み量から推察するに、どっかの業務サーバで使われてたものだろうか。

本SSDはエンプラ用だけあって330TBWもあるので、酷使されてなお一般用SSDと同等の耐久性が残っている事になる。メディア消耗指標を信じると残り1PBくらい書き込める計算だ。ZIGSOWのレビューによれば240GBモデルで905TB書き込めたそうなので、十分ありうる数値かと。

そんなわけで、使い込まれたIntel DC S3500 600GBの簡易ベンチマークなんぞを載せてみる。

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.2.1 x64 (C) 2007-2017 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :   502.399 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :   491.719 MB/s
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :   279.477 MB/s [ 68231.7 IOPS]
 Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :   257.936 MB/s [ 62972.7 IOPS]
         Sequential Read (T= 1) :   414.177 MB/s
        Sequential Write (T= 1) :   462.606 MB/s
   Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) :    29.766 MB/s [  7267.1 IOPS]
  Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) :    67.414 MB/s [ 16458.5 IOPS]

  Test : 4096 MiB [C: 42.8% (103.8/242.6 GiB)] (x5)  [Interval=5 sec]
  Date : 2017/04/01 19:29:06
    OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 10586] (x64)
    Intel DC S3500 600GB (240TBW)

目立った性能劣化もなく、至って普通の結果やね。

start.txt · 最終更新: 2016-05-07 17:46 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0