最近の変更サイトマップ

FreeBSD 11-STABLEでVirtualBox復活(`・ω・´)

3回に渡ってお送りしてきたFreeBSD 11.0-RELEASEでkern.proc.pathnameに失敗してVirtualBoxが動かない問題だが、無事解決。予想通り11-STABLEで問題なく動いた。

うちのデジタルデータ保管を一手に担っている結構重要な家鯖だし、STABLEを追いかける元気もないので、早いところ11.1-RELEASE出ないかしらー。これまでのマイナーリリース間隔から見るに、まだまだ先っぽいけど……。

FreeBSD 11.0RでZFSの特定プロパティ条件下でkern.proc.pathnameが失敗する

FreeBSD 11.0-RELEASEでVirtualBoxが起動しない問題、もといKERN_PROC_PATHNAMEのsysctlに失敗するのは、どうやらZFSが原因っぽい。ZFSのcasesensitivityないしnormalizationプロパティがデフォルト値以外になっていると、VFS絡みでうまく動かない模様。うちはnormalization=formCにしてるので、どう見てもこいつのせいです。本当にありがとうございました。

幸い、既にパッチが投稿されており、10/7付けでstableにも取り込まれているので11.1では直ると思われる。

が、それまでVirtualBoxが使えないのは地味に辛いなぁ。うちの環境では今のところVirtualBoxしか表面化してないけど、割と影響受けるソフト多いんじゃないかしら?久々にカーネルを自前ビルドしてみましょうかね。

参考サイト

FreeBSD 11.0RにしたらVirtualBoxが動かなくなった(´・ω・`)

先日、家鯖をFreeBSD 11.0-RELEASEに更新してからVirtualBoxが動かなくなった。起動しようとするとVirtualBox: supR3HardenedExecDir: sysctl failedとエラーを吐いて終了する。sysctlに失敗するってどういうこっちゃ。

当該ソースはSUPR3HardenedMain.cppの1243行目付近で、VirtualBox自身の実行ファイルパスを取得してる部分。

# else /* RT_OS_FREEBSD */
    int aiName[4];
    aiName[0] = CTL_KERN;
    aiName[1] = KERN_PROC;
    aiName[2] = KERN_PROC_PATHNAME;
    aiName[3] = getpid();
 
    size_t cbPath = sizeof(g_szSupLibHardenedExePath);
    if (sysctl(aiName, RT_ELEMENTS(aiName), g_szSupLibHardenedExePath, &cbPath, NULL, 0) < 0)
        supR3HardenedFatal("supR3HardenedExecDir: sysctl failed\n");
    g_szSupLibHardenedExePath[sizeof(g_szSupLibHardenedExePath) - 1] = '\0';
    int cchLink = suplibHardenedStrLen(g_szSupLibHardenedExePath); /* paranoid? can't we use cbPath? */
 
# endif

何の変哲もないコードだし、特に最近変わったような雰囲気もない。原因切り分けのため、上記コードと同じ事をする簡単なテストコードをでっちあげて実行してみたら、同じように失敗する。

#include <sys/param.h>
#include <sys/sysctl.h>
#include <stdio.h>
 
int main(void)
{
    int pid = getpid();
    int mib[4] = { CTL_KERN, KERN_PROC, KERN_PROC_PATHNAME, pid };
 
    printf("pid = %d\n", pid);
 
    size_t bufSize = 1024;
    char buf[bufSize];
    int result = sysctl(mib, 4, buf, &bufSize, NULL, 0);
    if (result < 0)
    {
        perror("sysctl");
    }
 
    return 0;
}
-------- 実行結果 --------
$ ./sysctltest
pid = 66245
sysctl: No such file or directory

supR3HardenedExecDirでググるとprocfsをマウントし忘れてんじゃね?という投稿が出てくるが、今回の問題箇所はprocfsを不要とするための部分なのでprocfsをマウントしようがしまいが変わらない(大体今までprocfsマウントしてなくても動いてたし…)、と思いつつ藁をも掴む思いでマウントしてみたけど、やっぱり何の解決にもならなかった\(^o^)/

portsでソースからのインストールも試みたけどビルドがコケるし、もぅマヂ無理。リスカしょ…。

参考サイト

PortsにNetatalk 3.1.10がキテタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

家鯖をFreeBSD 11.0-RELEASEに上げたタイミングで、Netatalk 3.1.8に更新したのだが、どうにもBonjourで広告されなさげ。OS更新で諸々おかしくなったか?と思い、NetatalkやmDNSResponderを再ビルドしても症状変わらず。

afpd -Vしてみたら、なんとZeroconfがAvahiになってた。間違いなくmDNSResponderを選んでるんだけどな…。

$ afpd -V
afpd 3.1.8 - Apple Filing Protocol (AFP) daemon of Netatalk
 
This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
Foundation; either version 2 of the License, or (at your option) any later
version. Please see the file COPYING for further information and details.
 
afpd has been compiled with support for these features:
 
          AFP versions:    2.2 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4
         CNID backends:    dbd last tdb
      Zeroconf support:    Avahi
  TCP wrappers support:    Yes
         Quota support:    No
   Admin group support:    Yes
    Valid shell checks:    Yes
      cracklib support:    No
            EA support:    ad | sys
           ACL support:    Yes
          LDAP support:    No
         D-Bus support:    Yes
     Spotlight support:    No
         DTrace probes:    No
 
              afp.conf:    /usr/local/etc/afp.conf
           extmap.conf:    /usr/local/etc/extmap.conf
       state directory:    /var/netatalk/
    afp_signature.conf:    /var/netatalk/afp_signature.conf
      afp_voluuid.conf:    /var/netatalk/afp_voluuid.conf
       UAM search path:    /usr/local/libexec/netatalk-uams//
  Server messages path:    /var/netatalk/msg/

portsの更新ログ見ると、10/10に「Fix build with mDNSResponder」とあったので、portsがバグってたっぽい。と、ここで、11-RELEASEにした際Portsツリーを更新してなかったことに気付く。

portsnap fetch extractしてportmaster netatalk3したところ、無事mDNSResponderで広告されるようになった。

$ afpd -V
afpd 3.1.10 - Apple Filing Protocol (AFP) daemon of Netatalk
 
This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
Foundation; either version 2 of the License, or (at your option) any later
version. Please see the file COPYING for further information and details.
 
afpd has been compiled with support for these features:
 
          AFP versions:    2.2 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4
         CNID backends:    dbd last tdb
      Zeroconf support:    mDNSResponder
  TCP wrappers support:    Yes
         Quota support:    No
   Admin group support:    Yes
    Valid shell checks:    Yes
      cracklib support:    No
            EA support:    ad | sys
           ACL support:    Yes
          LDAP support:    No
         D-Bus support:    Yes
     Spotlight support:    No
         DTrace probes:    No
 
              afp.conf:    /usr/local/etc/afp.conf
           extmap.conf:    /usr/local/etc/extmap.conf
       state directory:    /var/netatalk/
    afp_signature.conf:    /var/netatalk/afp_signature.conf
      afp_voluuid.conf:    /var/netatalk/afp_voluuid.conf
       UAM search path:    /usr/local/libexec/netatalk-uams//
  Server messages path:    /var/netatalk/msg/

3.1.7では問題なかったので、もしかして最近までずっとバグってた系・・・?

FreeBSD 10.1-RELEASEを11.0-RELEASEに更新

FreeBSD 11.0-RELEASEが出たとのことで、家鯖を更新することにした。

10.1-RELEASE-p10からひとっ飛びにあげようとしたら「The update metadata is correctly signed, but failed an integrity check.」と言われて出来なかったので、まずは10.3-RELEASEに更新。もしかするとパッチレベルあげるだけで事足りたかも?

# freebsd-update upgrade -r 10.3-RELEASE
# freebsd-update install
# reboot
# freebsd-update install

10.3-RELEASE-p7になったところで、再度更新を試みたら無事に通った。今回は更新方法がちょっと特殊らしいので要注意。

# : > /usr/bin/bsdpatch
# freebsd-update upgrade -r 11.0-RELEASE
# freebsd-update install
# reboot
# freebsd-update install

ここで本来はports/packagesの11.0-RELEASE対応を行うべきだが、とりあえずシステムだけさっさと更新して、ports/packagesの更新は追々行うことにする。この際、忘れずに/etc/rc.conf/boot/loader.confで有効にしているサードパーティ製ソフトを無効化すること。特にloader.confの方を忘れると起動時にカーネルパニック起こして泣きを見る事になり兼ねない(経験談)。

# pkg-static install -f pkg
# freebsd-update install
# reboot

正しく更新されたか確認。

$ freebsd-version -ku
11.0-RELEASE-p1
11.0-RELEASE-p1

参考サイト

start.txt · 最終更新: 2016-05-07 17:46 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0