最近の変更サイトマップ

閃輝暗点がやってきた

先日、会社で昼ごはん食べてたら、右目の視界に違和感を覚えた。視界の右側境界から下部に掛けてザワザワしたノイズのようなものが見え、最初は飛蚊症かとも思ったが、明らかに視界が歪んでおり、中二病的に言えば次元の狭間を垣間見てる感じ。

図 1: ファーストインパクト(Wikipediaより転載。Häggström, Mikael. "Medical gallery of Mikael Häggström 2014")

調べたところ閃輝暗点っぽい。要は偏頭痛の前兆現象だ。確かに自分は軽度の偏頭痛持ちなので、これが見えても何ら不思議ではない。「閃輝暗点見えたったww」「やべえwwwDecomo君死んじゃうwwww」なんて軽口を同僚と叩いてるうちに症状は収まったが、閃輝暗点後は猛烈な頭痛になるケースが多いらしいので、転ばぬ先の杖ってなもんで、念のためロキソニンを服用。これはまぁ偏頭痛持ちの人じゃないと分からんと思うけど、物凄い偏頭痛は本当にヤバイのよね…。

これで一安心かと思いきや、間もなくセカンドインパクトがやってきた。

図 1: セカンドインパクト(Wikipediaより転載)

この画像のように、マジでカラフルな三角形もといGL_TRIANGLE_STRIPが見えてビビった。それから頭痛が始まったが、ロキソニンを飲んでおいたおかげか、そこまで酷いものではなかった。ま、大事を取って早退したけどw

それにしても、脳って不思議だなー。実際の視覚情報とは全く無関係の幾何学模様が見えるのも不思議だし、見えるモノについても、もっと個人差があっても良さそうなものだが、”閃輝暗点”という共通認識が形成される程度には普遍的な事象の訳でしょ?自分が見たのも、上記2画像まさにそのものだったし。何らかの進化上の合理性があるからなのか、あるいは、ただのバグだったとしても何故同じバグり方をするのか。人体の神秘だね!

尚、僕は偏頭痛の存在を知るまで、人類はみな一様に何でもない時に頭痛が起きるものだと思ってたよ!(´・ω・`)

情報セキュリティスペシャリスト受かった

去る4/17に受けてきた情報セキュリティスペシャリスト試験の合格発表があり、無事合格してた。うひゃっほーい。得点は以下の通りだった。

午前I (免除)
午前II 84点
午後I 93点
午後II 68点

人に自慢できるような点数ではないな…(´・ω・`)

設問は余す事なく回答でき手応えは、午前I→よゆーっしょ、午後I→いい感じ、午後II→思ったより簡単、という具合で「これは受かったな」と感じていたが、いざ蓋を開けてみれば午後IIがギリギリでやべぇwそして午後Iが思いのほか高得点でビックリ。

これまで基本・応用・セスペと受けて来てつくづく思うのは、午後問題が癖あるなーと。特に応用以上の記述式問題は、試験の趣旨に沿った技術的知識量よりも“出題者が求めているであろう回答を汲み取り指定字数内で解答する”能力の方が問われてる感じがする。「文系は作者の気持ちでも考えてろよwww」という煽り文句があるが、まさにこれ。仮にもキムワイプを食ってる人達向けの試験のハズなんですがね…。公的な試験という性格上、中立的で当たり障りのない内容にせざるを得ない事情はあるにせよ、もうちょい何とかならんのかと思う。

そんなわけで、試験対策は午後の記述式対策を中心に、とりわけ出題者の意図を問題文から察する事を意識して行うのが良いと思われる。参考までに試験対策方法を書いてみる。

午前Iの対策

本でも読んで頑張れ(`・ω・´)

午前Iの勉強をしたくなかったので、免除期間延長も兼ねてセスペを受けたってのが正直なところ。いや、だって午前Iって出題範囲広いし、抽象的な事ばっかで勉強するの大変なんだもの。

まだ情報処理技術者試験を1つも持ってない人なら、応用情報から取得する事を奨める。急がば回れってなもんで、高度試験の午前I(共通知識)と午後II以降の専門知識の勉強を平行して行うのは、なかなか大変だと思うので。

午前IIの対策

自らセスペを受けようと思うくらいの人ならば、本屋に所狭しと並んでいる厚さ3〜4cmくらいの試験対策本を通読すれば問題なく付くだろう(知識を付けるというより既に持ってる知識の確認+補強の意味合いが強い)。

本試験では、例によって過去問の使い回しが行われるので、対策本に載っている過去問とWebの過去問サイト等を利用すれば、午前IIは余裕のよっちゃんイカだ!間違った問題はしっかりと見直す事で、午後対策にも繋がる。

午後I・IIの対策

合格に資する知識がある人なら、公式サイトの過去問と解答例だけで十分。

中には「なんだこの解答」「この程度の内容でいいの?」と思ってしまうような解答もあるが、そこはもう華麗にスルー&知識をひけらかしたくなる気持ちをグッと抑え、問題を通して出題者を生暖かく見守る訓練をしましょう。とにかく過去問を解いて、出題者の気持ちを考える訓練が重要。

さーて、次はネットワークスペシャリストを受けるかー。

ebayで買い物したらi-Parcelで送られてきたでござるの巻

1月の事になるが、ebayでアメリカの業者からPCのキーボードを購入したらi-Parcelで送られてきた。この配送業者、検索すれば分かる通り評判があまりよろしくない。送料で20ドル払ってるのにこんなのって酷いよ(´;ω;`)。

荷物は無事届いたものの噂通り時間がかかった。参考までに到着までの記録を載せておこう。

日時 状況 場所 備考
2016/1/24注文
2016/1/25Pre-Shipment Info Sent to USPS 配送情報登録
2016/1/26 10:37Accepted at USPS Origin FacilityLAKEWOOD, NJ 08701引受
2016/1/26 11:52Arrived at USPS Origin FacilityKEARNY, NJ 07032発送元配送局到着
2016/1/27 19:30Arrived at USPS Destination FacilityCINCINNATI, OH 45235目的地配送局到着
2016/1/28 07:20DeliveredERLANGER, KY 41025配達済み
⇩i-parcelに引き継ぎ⇩
2016/1/29 20:34Package details received electronically from SellerEdison配送情報登録
2016/2/01 17:51Received at i-ParcelIndianapolis荷物到着
2016/2/01 21:44Exported i-Parcel and in transit to country of destinationIndianapolis日本に向けて出荷
2016/2/05 14:17Package arrived in the destination country and is awaiting release from the Customs clearing agency日本日本到着。通関待ち。
2016/2/05 17:34Completed customs clearance process日本通関手続き完了
2016/2/06 12:49Out for delivery日本持ち出し中
2016/2/07 15:27Delivered日本配達済み

と、まぁこんな感じでまるっと2週間かかった。ネットの情報通り、国内配送は佐川だった。

時間かかるのはいいんだけっともさ、追跡情報の更新が遅いのは頂けないっすねぇ…。中国邮政より精度悪いんですぜ?荷物受領後もしばらくは「日本に向けて出荷」のままだったし……。何のためのトラッキングなんだよっていう。

永遠に讃えよ我が芋煮

PCのHDD整理していたら表題の歌詞が出てきた。確かtwitterで見かけて素晴らしいクオリティに感動しコピペしたものだった気がする。

今軽くググってみたらヒットしなかったので、ここにコピペして保存する。なくすには惜しい出来なので。

永遠に讃えよ我が芋煮
(山形神聖醤油帝国 国歌)

気高きは 醤油の意志
示せ あまねく宇宙に
理想貫く 味
芋の加護は 我らと共に
あり続けん
ガーレ=イモニン
誇りある 鋼の大鍋

2015年最後の日記がこれってどうなのよ。

インク商法で儲けてるプリンタメーカーは滅びればいいよね

写真コンテスト応募のため、気合いを入れてA4の高級写真用紙&純正インクを購入し最高品質で印刷してところ、たった25枚ほど印刷しただけでインク残量警告が出やがった!

プリンタはHP Photosmart 6520で購入したインクはHP178 4色マルチパック(CR281AA)。ビックカメラ店頭で3700円程だったと思う。

インク残量表示から計算すると、HP178マルチパックのカラーインクで印刷できる写真の枚数は、A4換算で多くても40枚程度と見られ1枚あたりのインク代は92.5円となる。この数値だけを見ると一概に高いとは言えないかもしれない(個人的には十分高いと思う)が、実際にはテストプリントや失敗の分、加えて紙代に超微々たるものだが電気代も掛かるわけで、かなり高コストだと言わざるを得ない。当然、プリンタ本体の代金だって掛かってるわけで…1万円で1000枚印刷したとしても10円/枚もベースコストが掛かる計算なわけで……。

ネットの激安写真プリントだとA4 1枚100円前後からやってくれる所があるし、L判なら更に安い。まだ使ったことがないので印刷品質は分からんが、家庭用インクジェットより劣るとは考え辛い。もう写真プリントは全部外注で良いかなって気がしてくる。おうちプリントは「その場で印刷できる」って事が最大のメリットだが、それすらも店頭にあるセルフプリントマシンや、最悪コンビニのマルチコピー機を使えば薄らいでしまう。

大体さー、家庭用インクジェットプリンタのインクが高いのって、本体を安く売ってインクで稼ぐという大義名分があったわけだけど、最近のプリンタは明らかに造りが安っぽくなってるよね。

2年程前かな、実家で使ってたCanon MP560が年賀状シーズン中に突然故障し、やむなくMG5530を購入する羽目になったが、兎に角造りが安っぽい。グレード的には下がった事になるが、それを差し引いても安っぽい。背面給紙はできなくなるわ(これはMG5530だけではなく最近の機種は須く非対応。普段使いのA4普通紙は底面トレイ、年賀状や本気写真印刷などその場の給紙は背面と使い分けられて超便利だったのに)、動作音は半端なく煩くなるわ(激安Photosmart 6520よりも煩い!)、肝心の印刷品質も粒状感が目立って落ちてるわ、良いところがまるでないという。当然、MP560用のインクストックは無駄になったし…。

こんなクソみたいな造りでは、本体価格の1/4〜1/2もする高価な純正インクを買おうなんて気は全く起きなくなるね。「非純正インクのせいでプリンタ本体に金を掛けられなくなった」という言い分もあるだろうが、だったら最初からインク商法なんざするなよとしか言えない。割安なインクが出てくる事なんて目に見えてるんだし、そもそも純正インクの価格設定が高すぎると思うんだよね。多くの人が高いと思っているから非純正インクの市場が成り立ってるんでしょ?

自分も昔は上位ラインの機種と律義に純正インク使ってたけど、使用頻度の割にトラブルが多過ぎて、その度に労力と金を掛けるのがバカバカしくなったため、もう格安プリンタに格安非純正インクで良いという結論に達した。ちなみに、決定打となったのはPIXUS iP7500の印刷がかすれるようになったので修理に出したら、修理の保証期限が切れた直後に症状が再発した事件があったから。その間、印刷したのは多く見積もっても10枚程度。流石にゴルァ電したけどどうにもならなかったので、金輪際キヤノン製品は買わないと心に誓った(笑)

実際に非純正インクを使ってみても、質的には何の問題もないしねー。今使ってるHP178の互換品は純正よりも発色が良かったりするし…ただし黄色は非純正の方が明らかにくすんでいたので、冒頭に書いた通り本気印刷用に純正品を買ってみたら、減るの早過ぎてこの記事を書くに至った次第。

start.txt · 最終更新: 2016-05-07 17:46 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0