最近の変更サイトマップ

初期型PS4 (CUH-1000)とPS4 Pro (CUH-7000)の消費電力比較

ひょんな事からPlayStation(R) 4 Pro (CUH-7000)に買い替えることになったので、発売日に買った初期型PlayStation(R) 4 (CUH-1000)との消費電力を比較してみる。ブーストモードはオフ……というか、計測したのはかなり前で、当時はまだ提供されてなかったのである。出力信号は1080p。うちに4kテレビなどというものはないのである。4kのプラズマはよ!(絶対に出ません

PS4
(CUH-1000)
PS4 Pro
(CUH-7000)
備考
電源オフ 0 0
スタンバイ 4〜5 3 ・USB端子に給電する(3時間)
・インターネットに接続したままにする
・ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる
・アプリケーションを一時中断したままにする
ホーム画面 76〜81 63〜65
FF15
プラチナデモ
タイトル 130 91〜93
プレイ中 155 108 冒頭の湖のシーンが一番高かった。
ホーム画面戻り 103〜113 74〜82 PSボタン押下。裏でゲームが動いている状態。
torne メイン画面 95 70〜72 ゲームは動かさずtorne単体のみ起動。
動画再生 101 73〜76

 PS4とPS4 Proの消費電力比較

消費電力は概ね2割減ってとこですか。ブーストモードやPS4 Pro対応ソフトだと多分跳ね上がると思うケド…。

ZFSと雖も不意の電源断でデータが破損する事がある

ちょっと前に家鯖が絶不調で、3.5インチHDD×4台のzpoolにアクセスするとフリーズする現象に見舞われていた。そのフリーズたるや生半可なものではなく、電源ボタン長押しすら受け付けず、コンセントぶっこ抜いた上に暫く放置してからじゃないと電源すら入らないというレベル。

すわ、電源ユニットが死んだか!?と思い早速手配し交換すべくサーバを開腹したところ、電源ファン前のフィルタが埃で目詰まりしていた。不調だったのは単に埃のせいで廃熱がままならず、サーマルプロテクションが動いてただけなんじゃないか疑惑。ま、もう電源買っちゃったし交換しときましたがね…。

こんな感じで、HDD×4台のRAID-Zは比較的短期間のうちに5〜6度に渡る不意の電源断にさらされたわけだが、いくら堅牢なZFSとはいえ流石に耐えられなかったようで。回復不能なエラーが発生し、ファイルが1つお亡くなりになってしまった。

$ sudo zpool status -v
パスワード:
  pool: zdata
 state: ONLINE
status: One or more devices has experienced an error resulting in data
    corruption.  Applications may be affected.
action: Restore the file in question if possible.  Otherwise restore the
    entire pool from backup.
   see: http://illumos.org/msg/ZFS-8000-8A
  scan: scrub repaired 0 in 64h6m with 2 errors on Sun Mar  5 06:42:20 2017
config:

    NAME         STATE     READ WRITE CKSUM
    zdata        ONLINE       0     0     2
      raidz1-0   ONLINE       0     0     4
        ada5p1   ONLINE       0     0     0
        ada4p1   ONLINE       0     0     0
        ada3p1   ONLINE       0     0     0
        ada2p1   ONLINE       0     0     0
    logs
      mirror-1   ONLINE       0     0     0
        ada15p4  ONLINE       0     0     0
        ada11p4  ONLINE       0     0     0
    cache
      ada11p5    ONLINE       0     0     0

errors: Permanent errors have been detected in the following files:

        /zdata/path/to/broken_file.wmv

scrub中にも電源断が起こったため、このような残念な結果になってしまったのだろう。初回scrubが出来ていれば、恐らくデータが壊れることはなかったと思う(個人的な経験に基づく推測)。

幸いにして死んだファイルはあ〜ん♡な動画だったため大した影響はなかったが、バックアップの重要性を考えさせられる良い機会となった。……とは言ったものの、個人でTBレベルの現実的なバックアップって難しいんだよなぁ。HDDにせよLTOにせよ、その都度引っ張り出してくるようでは面倒になってその内バックアップしなくなるのは目に見えてるし、かといって繋ぎっぱなしじゃバックアップの意味が薄れるし。流行のクラウドは容量も然る事ながら、自分の管理外の場所にデータを置くってのが信用できないし。

あ〜ん♡データの維持もなかなか大変である。

再配達で他の郵便局窓口での受取指定にした荷物は「送付→保管中」になる

郵便の再配達で「他の郵便局の窓口でお受け取り」を選択した場合、配送履歴は「最寄局・最寄店送付」を経て「保管中」となる。

受け取る事ができるのは保管中になってからである。「送付」は受取指定したところまで配送中という意味なのでお間違えの無きよう…。なお、2017年2月7日現在の情報なので、遠い未来でこのページを見てる人は要注意。

国際書留には追跡番号がついてるのに、再配達は「お知らせ番号」で管理されてるのは何でなんだろう?二重管理で面倒なだけな気がしてならない…。

閃輝暗点がやってきた

先日、会社で昼ごはん食べてたら、右目の視界に違和感を覚えた。視界の右側境界から下部に掛けてザワザワしたノイズのようなものが見え、最初は飛蚊症かとも思ったが、明らかに視界が歪んでおり、中二病的に言えば次元の狭間を垣間見てる感じ。

図 1: ファーストインパクト(Wikipediaより転載。Häggström, Mikael. "Medical gallery of Mikael Häggström 2014")

調べたところ閃輝暗点っぽい。要は偏頭痛の前兆現象だ。確かに自分は軽度の偏頭痛持ちなので、これが見えても何ら不思議ではない。「閃輝暗点見えたったww」「やべえwwwDecomo君死んじゃうwwww」なんて軽口を同僚と叩いてるうちに症状は収まったが、閃輝暗点後は猛烈な頭痛になるケースが多いらしいので、転ばぬ先の杖ってなもんで、念のためロキソニンを服用。これはまぁ偏頭痛持ちの人じゃないと分からんと思うけど、物凄い偏頭痛は本当にヤバイのよね…。

これで一安心かと思いきや、間もなくセカンドインパクトがやってきた。

図 1: セカンドインパクト(Wikipediaより転載)

この画像のように、マジでカラフルな三角形もといGL_TRIANGLE_STRIPが見えてビビった。それから頭痛が始まったが、ロキソニンを飲んでおいたおかげか、そこまで酷いものではなかった。ま、大事を取って早退したけどw

それにしても、脳って不思議だなー。実際の視覚情報とは全く無関係の幾何学模様が見えるのも不思議だし、見えるモノについても、もっと個人差があっても良さそうなものだが、”閃輝暗点”という共通認識が形成される程度には普遍的な事象の訳でしょ?自分が見たのも、上記2画像まさにそのものだったし。何らかの進化上の合理性があるからなのか、あるいは、ただのバグだったとしても何故同じバグり方をするのか。人体の神秘だね!

尚、僕は偏頭痛の存在を知るまで、人類はみな一様に何でもない時に頭痛が起きるものだと思ってたよ!(´・ω・`)

情報セキュリティスペシャリスト受かった

去る4/17に受けてきた情報セキュリティスペシャリスト試験の合格発表があり、無事合格してた。うひゃっほーい。得点は以下の通りだった。

午前I (免除)
午前II 84点
午後I 93点
午後II 68点

人に自慢できるような点数ではないな…(´・ω・`)

設問は余す事なく回答でき手応えは、午前I→よゆーっしょ、午後I→いい感じ、午後II→思ったより簡単、という具合で「これは受かったな」と感じていたが、いざ蓋を開けてみれば午後IIがギリギリでやべぇwそして午後Iが思いのほか高得点でビックリ。

これまで基本・応用・セスペと受けて来てつくづく思うのは、午後問題が癖あるなーと。特に応用以上の記述式問題は、試験の趣旨に沿った技術的知識量よりも“出題者が求めているであろう回答を汲み取り指定字数内で解答する”能力の方が問われてる感じがする。「文系は作者の気持ちでも考えてろよwww」という煽り文句があるが、まさにこれ。仮にもキムワイプを食ってる人達向けの試験のハズなんですがね…。公的な試験という性格上、中立的で当たり障りのない内容にせざるを得ない事情はあるにせよ、もうちょい何とかならんのかと思う。

そんなわけで、試験対策は午後の記述式対策を中心に、とりわけ出題者の意図を問題文から察する事を意識して行うのが良いと思われる。参考までに試験対策方法を書いてみる。

午前Iの対策

本でも読んで頑張れ(`・ω・´)

午前Iの勉強をしたくなかったので、免除期間延長も兼ねてセスペを受けたってのが正直なところ。いや、だって午前Iって出題範囲広いし、抽象的な事ばっかで勉強するの大変なんだもの。

まだ情報処理技術者試験を1つも持ってない人なら、応用情報から取得する事を奨める。急がば回れってなもんで、高度試験の午前I(共通知識)と午後II以降の専門知識の勉強を平行して行うのは、なかなか大変だと思うので。

午前IIの対策

自らセスペを受けようと思うくらいの人ならば、本屋に所狭しと並んでいる厚さ3〜4cmくらいの試験対策本を通読すれば問題なく付くだろう(知識を付けるというより既に持ってる知識の確認+補強の意味合いが強い)。

本試験では、例によって過去問の使い回しが行われるので、対策本に載っている過去問とWebの過去問サイト等を利用すれば、午前IIは余裕のよっちゃんイカだ!間違った問題はしっかりと見直す事で、午後対策にも繋がる。

午後I・IIの対策

合格に資する知識がある人なら、公式サイトの過去問と解答例だけで十分。

中には「なんだこの解答」「この程度の内容でいいの?」と思ってしまうような解答もあるが、そこはもう華麗にスルー&知識をひけらかしたくなる気持ちをグッと抑え、問題を通して出題者を生暖かく見守る訓練をしましょう。とにかく過去問を解いて、出題者の気持ちを考える訓練が重要。

さーて、次はネットワークスペシャリストを受けるかー。

start.txt · 最終更新: 2016-05-07 17:46 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0