最近の変更サイトマップ

com.hp.help.tocggeneratorのエラーログを止める

OSXのコンソールログを見ていたら2015/08/01 9:10:26.559 com.apple.launchd.peruser.501[188]: (com.hp.help.tocgenerator) Throttling respawn: Will start in 10 secondsこんなログが延々出続けていた。

ウザいのでどうにかすべくググった所、HPのフォーラムに解決方法が載ってた。ターミナルで以下のコマンドを実行せよとの事。

launchctl unload /Library/LaunchAgents/com.hp.help.tocgenerator.plist
sudo rm -f /Library/LaunchAgents/com.hp.help.tocgenerator.plist

無事、出なくなった。

Macで「ThinkPad ベーシック USB 3.0 ドック」を使う

USBケーブル1本で様々なインタフェースを追加出来る、通称USBドックと呼ばれる製品は様々あるが、ThinkPad Basic USB 3.0 Dock (4X10A06696)はUSB 3.0接続で

  • Gigabit Ether
  • DVI-I (最大2560×1600)
  • 音声入出力
  • USB 2.0ポート×2
  • USB 3.0ポート×2

と必要十分な機能を持ち、たまに直販で7000円弱で販売している非常にお買い得な製品だ(通常価格は16000円ちょい)。

これがMacBook Proで使えたら何かと便利だと思うのだが──結論から言うと、DisplayLink社の純正ドライバを入れるだけで全ての機能が問題なく使える(ちょっと嘘。DVI-Iの映像出力は試してない)。ドライバダウンロードページには「DisplayLink USB Graphics Software」しかなく、映像出力しか対応してなさそうな雰囲気だが、こいつを入れればOK。機能的に採用チップはDL-3700だと思われる。

しっかりThinkPad Basic USB 3.0 Dockと認識されているのが分かる(色々書き込みされてるのは他の日記からの使い回しだから気にすんな)。

ドック購入前にMacでの使用例を探してみるも見当たらず、人柱上等、所詮USB機器、ベンダーIDとプロダクトIDから適合ドライバを割り出して探してくりゃいいだろってなもんで、Macカテゴリに解説ページを作る気満々だったが、あまりにもあっけなく動いてしまったので面食らってるってのが本当の所。ドック本体にでかでかとDisplayLinkロゴがあって探すまでもなかった(笑)

MacのUSB 3.0が遅くなる問題(USB 2.0で認識される)

MacBook Pro Late 2013でUSB 3.0-Gigabit Ethernetアダプタを使ったら速度が全然出なかった。経験的にUSB 3.0のLANアダプタはフルスピード近く出るはずなのだが、ファイルサーバからのコピーで272Mbps程しか出ておらず、明らかに遅い。

おかしいと思いシステム情報.appで確認したところ、なんとUSB 2.0接続されてやんの。それどころか、殆ど全て、というより外付けのUSB 3.0デバイス全てが2.0扱いになっていた。

一見するとUSB 3.0で繋がっているように見えるが「USB 3.0 Hi-Speed バス」っていうのはUSB 2.0用のバスで、そちらに殆どのUSB機器がぶら下がってしまっている。黄色に色付けしたデバイスがUSB 3.0対応機器なのだが、これじゃ遅くて当然だ。

で、なんでこんなことになってるかというと、本体が“レガシーモード1)”になってるからっぽい。「BootCampアシスタント」や「システム環境設定」の起動ディスク設定でWindows(などの所謂PC向けOS)がデフォルトで立ち上がる設定になっていると、USB 2.0までの対応となってしまうようだ。

この状態だと、ブートスクリーンでOSXを選んでもUSBは2.0までの対応になってしまう。レガシーモードを抜けるには起動ディスク設定でOSXを選んで再起動すればOK。恐らく、起動ディスク設定でEFIのUSBモードの切り替えも行っているのだろうから、PRAMリセット(command+option+P+Rを押しながら電源ON)でも解除できると思われる。

USB 3.0として正しく認識されていれば、下記のような表示になる。

ESSENTIAL DOCKがHi-SppedSuperSpeedの両方にあるのは、USBの規格に因るもの。ちょっとややこしいのだけれども、USBって実は3.0と2.0以前とでは内部的な互換性はなく2)、同じUSBとは言っても全くの別物が共存しているのであーる。なので3.0対応のHUBなんかを繋ぐと、2.0と3.0の2つのHUBを繋いでいるように見えるわけ。USB3.0 Card Reader(モニタ内蔵のSDカードリーター)が相変わらずHi-Speedバスの方にくっついてるけど、良く分からんw(後日確認したところ、しっかりとSuperSpeedバスの方にぶら下がってた。)

レガシーモードのままでも速度が遅いだけで普通に使えちゃうので、実は気づいてない人が結構いるかも?USBメモリを使うくらいならUSB 2.0でも殆ど問題ないだろうし。

1) 自分が勝手に命名したものなので正式用語ではない
2) 更にUSB 3.1でこれまた大きな変更が加えられている

DiskWarrior 5が出てた

Macの最強ディスク修復ツールDiskWarriorの待望の新バージョン、DiskWarrior 5が出てた。

4からの最も大きな変更点は64ビット対応だろう。公式ページにも書いてあるが、このおかげでより多くのファイルを扱えるようになり、巨大なTimeMachineボリュームの復元も出来るようになると思われる。4では32ビットの制約からTimeMachineのボリュームが扱えない事があった。

提供される起動メディアも今風にUSBメモリになったようだ。

システムの刷新をはかりつつも対応OSは10.5.8以降で、しかも未だにPowerPCまでサポートするとか神過ぎる。この質実剛健でストイックな姿勢、嫌いじゃないぜ…。オワコンとか書いて正直すまんかった。

HDDに論理障害が起きたら、とにかく真っ先にDiskWarriorを買おう。DWで修復出来なければ他のツールでも修復は出来ないと言い切れる程の素晴らしいツールなので。

Mac OS XでFAT16パーティションの作り方

毎度忘れるのでメモ。

  1. ディスクユーティリティでパーティションを作り、取りあえずFATでフォーマットして適当なラベルを付ける(ここではVolFAT16とする)。
  2. ディスクユーティリティでディスクをアンマウント。
  3. diskutil eraseVolume "MS-DOS FAT16" "/Volumes/VolFAT16"

    でFAT16でフォーマットし直す。

diskutilで全ての事が出来るんだけども、パーティション操作はGUIでやったほうが間違いがないので、敢えてディスクユーティリティを使っとります。 特にストレージの空き領域にパーティションを追加するのは、ちょっと間違うと既存パーティションを破壊しかねないので…。

start.txt · 最終更新: 2016-05-07 17:46 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0