最近の変更サイトマップ

EmacsのCompletionsバッファを新規ウィンドウではなく既存ウィンドウに表示させる

通常、EmacsでTAB補完の時とかに表示されるCompletionsバッファは、フレーム1)下部を分割した一時的なウィンドウ2)として表示される。言葉じゃわかりにくいので、スクショを張っとくと↓こんな感じね。 こっちは嫌(Completionsウィンドウが独立に開く)

自分のEmacsの使い方は垂直分割した2つのウィンドウ表示が基本で、Completionsバッファは非アクティブな方のウィンドウに出て欲しい。その方が補完候補の一覧性が圧倒的だし、ウィンドウがパカパカしないのがいい。スクショを張(ry こっちがいい(Completionsバッファが非アクティブなウィンドウに表示される)

ここの回答に載ってるelispを参考に、ウィンドウが1つの時はウィンドウ幅に応じて分割方向を変えるようにしてみた。

(defun display-on-side (buffer &optional not-this-window frame)
  (let* ((window (or (minibuffer-selected-window)
                     (selected-window)))
         (display-buffer-function nil)
         (pop-up-windows nil))
    (with-selected-window (or window (error "display-on-side"))
      (when (one-window-p t)
        (if (> (window-pixel-width) (window-pixel-height))
            (split-window-horizontally)
          (split-window-vertically))
        )
      (display-buffer buffer not-this-window frame))))
(setq display-buffer-function 'display-on-side)

水平2分割した状態で使うと、非アクティブなウィンドウの方がCompletions表示時に勝手にリサイズされる問題があったりする…。自分は水平分割使わないので放置してます、すいません。えらいひと直して教えてください。

参考サイト

1) Emacs用語としてのフレーム
2) Emacs用語としてのウィンドウ

NETGEARのLAGのAdmin ModeメニューはLAGの有効/無効指定を意味するらしい

ネットギアのL2スイッチのLAG設定に「Admin Mode」なる謎の項目がある。

 XS512EMのLAG設定画面

スイッチの内蔵ヘルプを見ても“Admin Mode - Select Enable or Disable to set the Admin Mode.”という何の役にも立たない情報しかなく、全く以て意味がわからない。確実な情報は見つけられなかったんだけど、結局のところ機能のオン/オフを切り替える程度のものっぽい。もちろん、Enableが有効でDisableが無効ね。

機種は違うが公式フォーラムでは、Enableだとトラフィックが流れてDisableだと全く流れない、という回答になってるが、少なくともXS512EMのLAG設定のに関してはLAGのEnable/Disableにしか影響してなさそう。実際、Admin Modeの状態を問わずパケットは流れてるし、LAGを設定してもDisableならLAG StatsuはDownのまま、Enableにして初めてUpになった。

フォーラム回答の挙動は、マネージドスイッチ以上で設定できるポート毎のAdmin Modeの解説なんじゃないかって気がする。いずれにせよ、もっと分かりやすい名前にしとけよと思うけど…。

参考サイト

東芝のエンプラ向けSSD THNSNJ960PCSZ (HK3R2 960GB) 購入

これまでSSDはIntel DCシリーズを買ってきたが、今回はTOSHIBAの読み出し重視型エンタープライズ向けSSD THNSNJ960PCSZを買ってみた。例によって例によって中古。新品じゃ高くて買えませんからね。それでもっていつものごとくベンチ。今回もSATA接続。

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 6.0.0 x64 (C) 2007-2017 hiyohiyo
                          Crystal Dew World : https://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :   552.067 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :   519.592 MB/s
  Random Read 4KiB (Q=  8,T= 8) :   377.485 MB/s [  92159.4 IOPS]
 Random Write 4KiB (Q=  8,T= 8) :   353.540 MB/s [  86313.5 IOPS]
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :   269.954 MB/s [  65906.7 IOPS]
 Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :   231.575 MB/s [  56536.9 IOPS]
  Random Read 4KiB (Q=  1,T= 1) :    35.232 MB/s [   8601.6 IOPS]
 Random Write 4KiB (Q=  1,T= 1) :    91.411 MB/s [  22317.1 IOPS]

  Test : 4096 MiB [D: 0.0% (0.2/894.3 GiB)] (x5)  [Interval=5 sec]
  Date : 2018/04/26 22:49:50
    OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 16299] (x64)
    TOSHIBA THNSNJ960PCSZ

ベンチ結果もS.M.A.R.T.情報も取り立てて何かあるという事もなく。強いて言えば、総読込量より総書込量が圧倒的に多いことくらい。この使い方ならHK3Eシリーズの方が合ってるんじゃねー?>前のオーナー。まぁ、このくらいの使い方ならどっちでも変わらんだろうけどさ。

THNSNJ960PCSZの耐久性はと言うと、1 DWPD3)──つまり定格寿命たる5年間、毎日1回ドライブ全体に書き込むとTBWに達するということだから5×365×960=1752000GB、つまりTBWは1.752PBである。公称耐久性はDC S3500以上、S3700未満ということになる。そう考えるとDC S3700シリーズの10 DWPDって半端ない耐久性だよなぁ…。東芝のSSDでいえば書き込み重視型のPXシリーズが同等ラインっぽい。

主に自宅鯖の仮想マシン置き場として使う予定。取り付けたら何故かアクセスランプが点きっぱなしなんだけど…w

3) Drive Write Per Day

ZFSが自動マウントされない時はzfs_enable="YES"になっているか確認する

FreeBSDで起動時にルートプール以外のZFSファイルシステムが自動マウントされない時は、/etc/rc.confzfs_enable=“YES”しているか確認する。この指定がなくとも、ルートプール=システムが入っているプールは自動マウントされるので、なかなか問題に気づきにくい。自動マウントされないFSのcanmountmountpointプロパティを見ても問題ないし、原因が判るまで苦労したんだぜ★

インストーラに頼らず、手動でFreeBSDをインストールした場合なんかは特に注意が必要だ。

Samba 4.7.4 on NAS4Free 11.1.0.4がメモリバカ食いする原因がわかった

知人NASのCIFS共有が調子良くない問題の調査中、smbdがアホほどメモリ確保する現象に見舞われた。1プロセスあたりギガ単位で消費し、最終的に16GBの物理メモリとスワップ64GBを食いつぶし、強制的に電源落とすしかなくなるなんて、どう考えても異常だ。smbdがメモリをバカ食いするせいでARCにメモリが割り当てられず、ストレージの実効性能が上がらないのもCIFSが遅い問題の遠因になってると思われる。

Sambaのオプションをあれこれイジった所、シャドウコピーを有効にするとダメっぽい。下図がシャドウコピーオプション有無でのtopを比較したものだ。

もうね、笑っちゃうくらい一目瞭然。メモリ消費量が文字通り桁違いである。シャドーコピー有効の方は、1日足らずでメモリ枯渇しかけてるのに対し、無効の方は4日程度経過のロードアベレージが13行くほどの負荷が掛かってるのに余裕のよっちゃんイカ。(ちなみにこの状態でもつつがなくファイル共有が行われている。)

Sambaでシャドーコピーってことは、vfs_shadow_copy2モジュールあたりがバグってんのかしらね?NAS4Free 9か10の頃は、シャドーコピー有効でもこんなこと起こらなかった記憶があるんだけど…。(超おぼろげなので保証はできない。)

start.txt · 最終更新: 2016-05-07 17:46 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0