最近の変更サイトマップ

Windowsインストール時にdiskpartで手動でパーティションを作る方法

いつごろからは知らんが少なくともWindows 10では、大規模更新時に回復パーティションの容量が不足していると、新たな回復パーティションを作るという大変お行儀の悪いことをしてくれやがる。だもんで、最近は手動でパーティションを切るようにしてるのだが、毎度やり方を忘れるのでメモ。

diskpartの起動

Windowsインストーラのパーティション設定画面でShift+F10を押すとコマンドプロンプトが開く。そこでdiskpartに入る。

パーティションの設定

GPT/UEFIで必要なパーティションと容量は下表の通り。

MS推奨

種類 ファイルシステム 容量 備考
ESP FAT32 従来100MiB、4kセクタの場合260MiB
MSR - 16MiB
Windows NTFS 最低20GiB Windowsのインストール先
回復 NTFS 最低300MiB、推奨1GiB

オレオレ構成

種類 ファイルシステム 容量 備考
ESP FAT32 512MiB 根拠:ESPの容量は512MiB以上が推奨らしい
MSR - 128MiB Windows 7ではこの容量だったので踏襲。後から足りなくなるよりはマシかと。
回復 NTFS 3072MiB 推奨容量×2+念のため1GiB
Windows NTFS 20GiB〜 パーティションを拡大・縮小する可能性があるので最後に配置

diskpartで設定

ディスクや容量は適宜読み替えてくだしあ。

GPTで初期化

select disk 0
clean
convert gpt

MSRが勝手に作成される(ことがある)ので一旦削除

select partition 1
delete partition override

ESP

create partition efi size=512
format quick fs=fat32 label="System"
assign letter="S"

MSR

create partition msr size=128

回復

create partition primary size=3072
format quick fs=ntfs label="Recovery tools"
assign letter="R"
set id="de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac"
gpt attributes=0x8000000000000001

Windows

create partition primary
format quick fs=ntfs label="Windows"
assign letter="W"

list volume, list partitionで↓こんな感じになってればおk

パーティション情報のリロード

コマンドプロンプトをexitか右上のバッテンを押して終了後、パーティション設定ウィンドウの「最新の情報に更新」を押し、設定したパーティション情報を認識させる。

あとは通常通りWindowsをインストールする。

参考サイト

FreeBSD 12でRAID-Zのvdev拡張が出来るようになるかもしれない

Twitterを眺めてたら「ZFS RAIDZ expansion」なるパワーワードが目に飛び込んできた。

調べたところOpenZFS Developer Summit 2017で発表された機能で、その名の通りRAID-Zプールの構成を後から拡張できる機能のようだ。我らがFreeBSD Foundationからも声明が出ていた。Delphixとの協業のようで。

ご存知の通り、現在のRAID-Zでは後からプールのvdev構成を変更することが出来ない。この制約のため、例えばHDD×3本でRAID-Zプールを作ったが最後、容量が足りなくなったからといって、後からHDDを1本追加してHDD×4本構成にするといったことが不可能なのだ。容量を増やしたければ、vdevの構成HDDを大容量のものに入れ替えるか、別のvdevを追加するか(先の例で言えばHDD×3本のRAID-Zセットを追加してRAID-Zのストライピングにする)しかない。だがしかーし、RAID-Z expansionが実装されれば、これまで不可能だった直感的なプール拡張が出来るようになる。ZFSが今以上に使いやすくなること間違い無し!

声明によれば”FreeBSD 12.0で利用可能になるだろう”(RAID-Z expansion is expected to become available in FreeBSD 12.0.)とのこと。”expect”は7割くらいの確度だから実現性は結構高い。OpenZFSとしての実装になるようなので、実現の暁には多くの環境に恩恵があるだろう。FreeBSDのみならずZFS界隈にとって、なかなかインパクトのあるニュースではなかろうか。

現時点でFreeBSD 12のリリーススケジュールは未定だけど、とにかく楽しみな機能ですわー。

OpenZFS Developer Summit関連ついでに、ZFSをWindowsに移植するプロジェクトZFSinの存在も知った。マイルストンを見るに殆どの機能が実装されており、問題なく動きそうな雰囲気…!これも胸熱……!!

参考サイト

HP Z210 CMTはSATAのモードをAHCIにしてもIDEが生えてくる

ひょんな事からHP製のデスクトップPC、Z210 CMTを購入した。Sandy Bridge世代のマシンだけど大抵の用途には十分すぎるほどの性能を有していながら、OSなしなら中古で2万円と相当なお買い得品。OSありでも2.5万円ほどからで、この世代のメーカー製PCは本当にお買い得だと思う。下手に自作するより全然安上がりだ。

さて、そんなZ210に手持ちの余剰Windows 7ライセンスでWindows 10を入れたのだが、デバイスマネージャを見てみたらストレージコントローラが標準IDEになってるじゃないですかー、やだー!!

Z210でAHCIモードなのに標準IDEコントローラがある

BIOS設定がIDEのままインスコしたか!?と思って確認するもRAID+AHCIになってるし、IDE→AHCI変更のレジストリをいじっても、再度OSを入れ直しても相変わらずIDEコントローラはいるしで訳が分からないよ!AHCI設定はどこに消えちゃったの…。

もうIDEでいいや…と、諦めかけたその時!デバイスマネージャを良く見たら、下の方にAHCIコントローラがあるじゃん…。ちゃんと有効になってるじゃないですかー、やだー!!

ちゃんとAHCIコントローラがあった

というわけで、Z210 CMT(多分Z210 SFFも)はSATAをAHCIモードにしてもIDEコントローラが生えてくるのであった。もしかして他のマシン、つーかWindowsってそういう仕様だっけ・・・?Windowsいじるの久々で忘れちゃった☆(・ω<) → 会社PCで確認したら、やっぱりAHCIの場合はIDEは生えない模様。

WindowsのインストーラUSBメモリの作成はWindows USB/DVD Download Toolが便利

Windows 10更新ウイルスが猛威を振るう今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。私はと申しますと、メイン環境はMacで未だ10.9でございますので全く関係ない・・・かと思いきや、リビングのサブマシンがWindows 7で殆どまっさらの状態のため、どうせならWindows 10をクリーンインストールして環境構築をしようと思った次第であります。

専用ダウンローダでWindows 10のインストールイメージを取得するわけですが、保存先としてISOイメージかUSBメモリのインストーラを作成するかが選べるわけでございますが、オールドタイプな人間と致しましては何かあった時のためにISOがあれば心強いと思うのでありますな。かといって、インストールにあたっては間違いなくUSBメモリの方が早いし便利なので、ISOイメージからインストーラUSBが作れれば最強ってなところでMS純正?のWindows USB/DVD Download Toolの登場でござる。

ISOイメージとUSBメモリを指定するだけの簡単操作で、WindowsのインストーラUSBメモリが作れちゃう。ブータブルUSBメモリの作成方法を探すとコマンドプロンプトでdiskpartやら何やらしてる例もあるが、このツールの手にかかればどーんなもんだい!てなもんで作れちゃう。Windows 7/8向けとはなっているが、Windows 10のISOイメージからも問題なく作れる。

お試しあれ〜。

1年以上放置してたWindows Updateが全然進まない件→解決

(2016-04-19 追記)
多くの方にご参照頂いているようなので、自分が行った手順を完結にまとめておきます。

  1. Windows 7のシステム更新準備ツールを実行(約半日)
  2. Windows Updateエージェントを最新バージョンに更新(時間失念。多分そこまで掛かってない)
  3. 再度Windows 7のシステム更新準備ツールを実行(2〜3時間)
  4. Windows Updateを実行(全部入れるのに約半日)
    • いきなり全てを入れると時間かかるし失敗した時の精神的ダメージが計り知れないので、数個ずつ適用していく。
    • .NET Framework系の更新は特に時間がかかる傾向にあるので、時間に余裕がある時に行った方が無難です。

自分のマシンがしょぼいという点を差し引いても、兎に角時間がかかるので辛抱強く取り組むしかありません。

仮想マシン上のWindows 7 (64bit)のWindows Updateを1年ぶり位にやってみたら全然進まないでやんの。更新件数は113件程とそこそこあり、ホストが貧弱Avoton Atomとはいえ、半日放置しても「更新プログラムをダウンロードしています」が0%からピクリともしないのは流石におかしい。一番ボトルネックになりそうなストレージは仮にもSSDだし。

止むなく一旦キャンセル→再起動からの再実行してみたら、今度は最初の「更新プログラムを確認しています」から進まなくなった\(^o^)/

それから色々やってみて、何とか無事更新が出来たが、超絶時間がかかった。取りあえず、効果があったと思われるのは以下のもの。

システム更新準備ツールを実行し(これが超時間食いで終了まで半日くらい掛かった)、Windows Updateエージェントを最新にして、もう一度システム更新準備ツールを実行(今度は2〜3時間で終了)した所、うちの環境では問題が解決した。それでも最初のWindows Updateが完了するまでは更に数時間かかったけど…。

 初めてこの画面を拝むまで半日!

BITSのトラブルシューティングやWindows Updateのキャッシュのクリアは然程意味がなさそうに思えた。特にキャッシュのクリアは意味がないどころか、逆に悪影響な気がした。どちらも何の根拠もない私見なので悪しからず。

しっかし、何もしてないのにOSの最重要コンポーネントがおかしくなるのは止めてもらいたいもんだね。Windows Updateがぶっ壊れるだけならまだいいが、ぶっ壊れた結果、関連のバックグラウンドタスクがCPUとメモリをバカ食いするのが頂けない。CPUを常時25%のメモリ2GB超を持ってくんだから、貧弱マシンにゃ辛いのよ(それでWindows Updateの不具合に気付いたのだけども)。最近頻発してるらしいし、どうしちゃったのゲイツ。

まぁ、1年も更新を怠るなって話ではあるが…。

参考サイト

start.txt · 最終更新: 2016-05-07 17:46 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0