このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

iPod nano発売!

かねてより噂されていた、新型iPodが発表&発売された。その名も「iPod nano」。2GB/4GBのフラッシュメモリとカラー液晶を搭載し、従来のiPod mini枠の置き換えを計った、超小型のiPodだ。

その大きさたるや、90x40x6.9(mm)!! 手持ちの3G iPod(20GB)の実寸が100x60x15(mm)なので、面積的には一回り、厚さ的には1/2近く小さい。

「iPodは持ってるけど、シリコンオーディオプレーヤが欲しい。でもshuffleじゃ容量的にも操作性的にも厳しいし……」と思っていた人(俺)には、まさに最適解となる製品である。いやー、appleはわかっていらっしゃるw

ただ、首からぶら下げての使用を想定してか、ヘッドフォンジャックが本体下部、Dockコネクタの脇に付いているのは戴けない。胸ポケに入れて使用する場合は、どうするのであろうか。使用するヘッドフォンのコネクタがL字型であれば、さほど問題にもならないだろうが、垂直タイプ(従来のiPodに付属のイヤホンもこのタイプ)だと、上下逆さまにしないと使えないと思うのだが……。数日もすれば、その辺の使い勝手も、次第に明らかになっていくとは思うが。

個人的にはiPod Camera Connectorが使えるのかも気になる。これが使えれば、iPod nanoを広大なカメラストレージとして使うことができるから。

iTunes5も本日付けで公開された。見た目のデザインがTiger風味に変更され、検索機能がより強化されたのが特徴。

20050908-01.jpg

で、この新検索を使ってみて気づいたのが「ビデオ」という、絞り条件があるということ。

さらっと試してみた所、MPEG-1とPSP向けに作ったMP4ファイルが普通に取り込めた━(゚∀゚)━! 。残念ながら試した限りではAVIは取り込めなかったが、もしかしたらWindows版では取り込めるのかも。もちろん、取り込んだ動画は、他の曲と同じように扱える。

こうして、わざわざビデオ機能を包含するということは、iPodがビデオ再生機能を取り込む日も近い!?

他にも、AACがVBRに対応したり、曲ごとに「再生位置を記憶」できたり、歌詞に対応したりと、地味だけど何気に機能が底上げされている。

128kbpsのVBR-AACとCBR-AACで比較してみたところ、スペクトラム的には高域が出ているようだ(聴き比べはしてないので、音質に関しては不明)。ファイルサイズも、若干ではあるがVBRの方が抑えられている。VBRというよりは、ABRに近い感じだ。

「再生位置を記憶」は、従来はファイルの拡張子を、m4aからm4bに変える事で裏技的に利用できた機能であったと思う。普通の曲では使いどころが難しいと思うが、まぁ、それは人次第だろう。

何はともあれ、ここの所のappleは、とかく絶好調ですな。iPod nano、凄く欲しいぞ。

Comments




blog/2005/2005-09-08.txt · 最終更新: 2015-12-07 14:52 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0