このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

FreeBSD de Folding@Home

Folding@Homeとは、アルツハイマー病・狂牛病・癌などの原因となる、異常タンパク質を解析・研究する分散コンピューティングプロジェクトのことである。語弊を恐れずに言えば、世界中のPCの余剰能力を、先に上げた病気の研究に役立てよう、というプロジェクトである。

(少なくともうちの)常時起動サーバなんて、その殆どがアイドル状態のようなものなので、折角だから解析に参加させてみた。

FreeBSD用のバイナリは用意されていないが、Linuxエミュレータを用いる事でLinux版を使う事ができる。本記事は、その導入手順の備忘録。

Linuxエミュレータのインストール

portsからlinux_base-rh-9を入れる(linux_base-8相当の機能があれば、多分大丈夫?)。

$ cd /usr/ports/emulators/linux_base-rh-9
# su
# make install clean

Linuxエミュレータ機能を有効にするため、/etc/rc.conf、/etc/fstab、/compat/linux/etc/fstab それぞれに以下を追加し、再起動。

/etc/rc.conf

linux_enable="YES"

/etc/fstab

linprocfs     /compat/linux/proc     linprocfs     rw     0     0

/compat/linux/etc/fstab

proc     /proc     proc     rw     0     0

Folding@Homeクライアントのインストール

プロジェクトダウンロードページから、Linux Consoleを取ってくる。ここでは5.04betaを利用し、~/Applications/Folding に入れる事にした。

$ mkdir ~/Applications/Folding
$ cd ~/Applications/Folding
$ fetch http://www.stanford.edu/group/pandegroup/release/FAH504-Linux.exe

Folding@Homeの設定

実行属性を付与して実行。

$ chmod +x FAH504-Linux.exe
$ ./FAH504-Linux.exe -freeBSD

ユーザー名、チームNo.などを聞いてくるので、適切に入力。初参加の人や詳細はkywさんのページなどを参照のこと。

FarCore_xx.exe のダウンロードが終わったら、一旦終了させる。

自動起動するように設定する

HAMAchanさんのページから起動スクリプトを拝借し、Folding/folding.sh として保存。

$ emacs folding.sh
$ chmod +x folding.sh

次にcrontabを編集する。

# crontab -u -e ユーザー名
@reboot ~/Applications/Folding/folding.sh start

間違いがなければ、再起動後、関連プロセス(FAH〜やFah〜)が起動しているのが確認できるはず。まったりと解析しましょう。

Comments




blog/2006/2006-03-27.txt · 最終更新: 2015-01-06 11:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0