このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

時をかける少女

テアトル新宿で、今話題の「時をかける少女」を観てきた。当初は華麗にスルーしようかと思っていたのだが、観に行った人の感想は、須く「絶賛」の2文字に分類され、ツマラナイという台詞は1つたりとも見た事が無かったので、これは見るしか無いだろう、と。

観た結論から言うと、

。・゜・(/Д`)・゜・。
実際に観る事推奨。

文面、ましてや俺の拙い文章で感想を書くなど、無粋極まりない。うん、これは口コミで反響が広がって行くのも納得。上映館がかなり少ないが、観れる環境にある人は、本気でお薦め。

これから観に行くという方の参考になればと、本日の行動を以下に記す。

テアトル新宿は整理券制で、各上映回分の券を朝に一括して配布している。整理券には番号が振ってあり、上映10分前から、その番号の若い順に入場出来るという仕組みだ。席は自由なので、必然的に若い番号の整理券、つまり整理券を早く手にした人が、いい席を確保できるという訳。

今回は第1候補として12:25、第2候補として14:40の回に狙いを定め、整理券の入手に努めた。

本当は10:00頃に行く予定だったのだが、諸々の事情(単に遅れただけなんだけど)により10:30頃に、劇場に着いた。この時点で、12:25の回の整理券は既に100枚以上出ていたので、14:40の券を買った。番号は18番。尚、整理券とは言ったものの、これがチケットも兼ねているので、その場でお買い上げ。ちなみに、1人で何枚も?(上限不明)買えるので、何人かと行く場合でも安心。

14:25頃に劇場に舞い戻る。人。人。人。人。ひ(ry。とにかく人。今回と16:55の回は、既に整理券は全て吐け立ち見だとか。整理券を持ってる俺は、悠々と劇場入り口まで降りて行きいい席を確保できた。見ていた感じでは、40番台くらいまでならば、そこそこいい席が確保できそうだった。

そんな訳で、整理券は絶対に確保しといた方がいいです。無いと立ち見はほぼ確実です。

Comments




blog/2006/2006-08-16.txt · 最終更新: 2015-01-06 11:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0