このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

MacにgEDAをインストール

Macで使える電子回路図エディタとして、彼の有名なQt-BSch3Vがあります。実際、コンパイルして使ってみたところ、BSch譲りの簡単で軽快な操作感はとても良かったのですが、どうにも回路図出力で得られる画像が美しくありませんでした。

そこで、GPLで開発されており、よさげな出力結果が得られそうな電子回路図エディタgEDAをインストールしてみました。

準備

基本ライブラリとしてGtk+2とGUILEが必要なので、MacPortsで入れておきます。

$ sudo port install gtk2
$ sudo port install guile

尚、Gtk+2のvariantsにquartzがありますが、これを有効にするとgEDAのビルドでコケるので、無印でインストールして下さい。

また、お好みでlibstrokeを入れます。オプション扱いなので、入れなくても問題はありません。

インストールする場合は、libstrokeのconfig.guess, config.subを新しい物に置き換えて下さい(後でmakeするgschemのものでOK)。素の状態だとファイルの内容が古く「お前(Darwin)なんてターゲット知らねーよ」と言われconfigureが通りません。

$ tar xvzf libstroke-0.5.1.tar.gz
$ cd libstroke-0.5.1
$ ./configure --prefix=/opt/local --with-x
$ make all
$ sudo make install

prefixにはインストール先のディレクトリを指定します(以下同様)。これは各自の環境に合わせて変更して下さい。

gEDAのmake

ソースはgEDA Project Sourcesからダウンロードして下さい。

libgeda(コアライブラリ)のmake

$ tar xvzf libgeda-1.2.0.tar.gz
$ cd libgeda-1.2.0
$ ./configure --prefix=/opt/local LDFLAGS=-L/opt/local/lib CPPFLAGS=-I/opt/local/include --with-x
$ make all
$ sudo make install

LDFLAGS=-L/opt/local/lib CPPFLAGS=-I/opt/local/include にはライブラリとヘッダファイルのパスを指定します(以下同様)。概ねprefixにlibとincludeを付加したものを指定すれば大丈夫です。

部品シンボルのmake

$ tar xvzf geda-symbols-1.2.0.tar.gz
$ cd geda-symbols-1.2.0
$ ./configure --prefix=/opt/local
$ sudo make install

ドキュメントのmake

$ tar xvzf geda-docs-1.2.0.tar.gz
$ cd geda-docs-1.2.0
$ ./configure --prefix=/opt/local
$ sudo make install

ユーティリティのmake

$ tar xvzf geda-utils-1.2.0.tar.gz
$ cd geda-utils-1.2.0
$ ./configure --prefix=/opt/local LDFLAGS=-L/opt/local/lib CPPFLAGS=-I/opt/local/include
$ make all
$ sudo make install

gschem(回路エディタ)のmake

$ tar xvzf geda-gschem-1.2.0.tar.gz
$ cd geda-gschem-1.2.0
$ ./configure --prefix=/opt/local LDFLAGS=-L/opt/local/lib CPPFLAGS=-I/opt/local/include --with-x
$ make all
$ sudo make install

gsymcheck(シンボルチェッカ)のmake

$ tar xvzf geda-gsymcheck-1.2.0.tar.gz
$ cd geda-gsymcheck-1.2.0
$ ./configure --prefix=/opt/local LDFLAGS=-L/opt/local/lib CPPFLAGS=-I/opt/local/include
$ make all
$ sudo make install

gattrib(属性エディタ)のmake

$ tar xvzf geda-gattrib-1.2.0.tar.gz
$ cd geda-gattrib-1.2.0
$ ./configure --prefix=/opt/local LDFLAGS=-L/opt/local/lib CPPFLAGS=-I/opt/local/include
$ make all
$ sudo make install

回路図を描くだけならば、ここまででOKかもしれません。

gnetlist(ネットリスト生成プログラム)のmake

$ tar xvzf geda-gnetlist-1.2.0.tar.gz
$ cd geda-gnetlist-1.2.0
../configure --prefix=/opt/local LDFLAGS=-L/opt/local/lib CPPFLAGS=-I/opt/local/include
$ make all
$ sudo make install

PCB(プリント基板レイアウトプログラム)のmake

$ tar xvzf pcb-20070208p1.tar.gz
$ cd pcb-20070208p1
$ ./configure --prefix=/opt/local LDFLAGS=-L/opt/local/lib CPPFLAGS=-I/opt/local/include --with-x
$ make all
$ sudo make install

gerbv(ガーバーファイルビューワ)のmake

$ tar xvzf gerbv-1.0.2.tar.gz
$ cd gerbv-1.0.2
$ ./configure --prefix=/opt/local LDFLAGS=-L/opt/local/lib CPPFLAGS=-I/opt/local/include
$ make all
$ sudo make install

以上でインストールは完了です。

xtermでgschemと打てば、回路エディタのgschemが起動する筈です。

しかし、そのままでは表示されるフォントが(´・ω・`)がっかりな感じなので、~/.gtkrc-2.0に以下の記述を追加します。

gtk-font-name = "Lucida Grande 14"

これでUIのフォントがMacっぽくなります(「っぽい」だけですが)。

参考サイト

Comments




blog/2007/2007-10-04.txt · 最終更新: 2015-03-07 15:33 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0