このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

VMFS-5で物理RDMしてもFreeBSDで3TBのHDDが変な件

2TB超のHDDは何かと扱いが面倒だが、ESXiにも2TBの壁があるそうで。

ESXi 5、正確にはESXi 5から採用されたVMFS-5を使う事で、物理Raw Device Mappingの時に限って60TBまでのストレージが扱えるようになった模様(→公式ソース)。ちなみに、他の上限値はconfiguration maximumsでググると出てくる。

そんな事情があったとは露知らず、何の気なしに3TBのHDDを物理RDMしてFreeBSDのVMにアタッチしたら

da3: <ATA ST3000DM001-9YN1 CC4B> Fixed Direct Access SCSI-5 device
da3: 0MB (no media?)
(da3:mpt0:0:3:0): unsupportable block size 0
(da3:mpt0:0:3:0): unsupportable block size 0

なーんてエラーが出る。容量が0MB?なんじゃそりゃ。

ググってみたものの症例自体あまりヒットしないし、当然解決方法も分からないし、タイトルにあるような結論に至ると。SATA-USB変換器の2TB制限に遭遇した時以来の衝撃だわ。

FreeNAS 8.2.0 BETA 3 sees 3TB ESXi 5 RDM as 0MBを見ると、HGSTのドライブは大丈夫でSeagateはダメ、HBAがオンボードだとダメでLSI Logicだとおkなんて書き込みもあるが、情報が少な過ぎて何とも分からん。

HBAそのものをパススルーしてしまえば回避出来るハズだが、マシンの構成上、どうしてもHDD1台だけパススルーなHBAから溢れちゃうのよねorz PCIeのSATAカードは余ってるがスロットが埋まってるし、完全に詰んだ\(^o^)/。その1台だけRDMという手もあるが、流石に気持ち悪くてやりたくないw SAS6i/Rでも買うかなぁ……SFF-8484ケーブルの方が高く付きそうではあるが……。

Comments




blog/2012/2012-10-21.txt · 最終更新: 2015-01-06 02:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0