このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

HFS+の透過圧縮でディスク容量を節約してみる

Mac Proのストレージを、1TBのHDDから240GB(120GBx2のRAID-0)のSSDに替えたところ、容量カツカツでわろえない。残容量の不安も然る事ながら、ウェアレベリングの観点からも、空きが少ないのはハード的にも精神的にもよろしくない。

溜まりに溜まったゴミデータの整理や、塩漬けデータをNASに移したりして容量確保に勉めたが、自ずと限界はある。「こんな時ZFSなら透過圧縮で容量稼げるのにな…」と愚痴を言ってみたところで、Snow Leopard以降HFS+にも透過圧縮が付いた事を思い出した。

善は急げと、試しに/Developerを圧縮してみた。

$ cd /
$ sudo ditto --hfsCompression Developer DeveloperC
$ afsctool -v /DeveloperC
/DeveloperC:
Number of HFS+ compressed files: 155245
Total number of files: 181386
Total number of folders: 30417
Total number of items (number of files + number of folders): 211803
Folder size (uncompressed; reported size by Mac OS 10.6+ Finder): 5566353923 bytes / 5.98 GB (gigabytes) / 5.57 GiB (gibibytes)
Folder size (compressed - decmpfs xattr; reported size by Mac OS 10.0-10.5 Finder): 2354926231 bytes / 2.53 GB (gigabytes) / 2.35 GiB (gibibytes)
Folder size (compressed): 2551670089 bytes / 2.72 GB (gigabytes) / 2.54 GiB (gibibytes)
Compression savings: 54.2%
Approximate total folder size (files + file overhead + folder overhead): 2822868266 bytes / 2.82 GB (gigabytes) / 2.63 GiB (gibibytes)

5.57GiBが2.54GiBへ・・・これは素晴らしい!同様にXcode 4は3.43GiB→1.78GiB、ドキュメント(~/Library/Developer/Shared/Documentation)は5.02GiB→2.69GiBを達成。

仮想マシンのイメージを圧縮したら激ウマじゃね!!??と思い、14.21GiBの.vmwarevmを圧縮してみたら13.18GiBにしかならんかった(´・ω・`)

注意点は、圧縮以後に追加されたファイルには自動で圧縮が掛からない(その都度手動で圧縮しないといけない)のと、manを見ると一応「システムファイルのインストールやバックアップ用途のみを想定」となっている事。リアルタイムで圧縮が掛からないのは、そういう前提があるからなのかな?まぁ、殆ど変化することのないアプリの圧縮には十分っすね。どうしてもリアルタイム圧縮が欲しいなら、Clustersというアプリがある。有料だけど。

参考サイト

Comments




blog/2012/2012-12-25.txt · 最終更新: 2015-01-06 02:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0