このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

ESXi 5.0U3の省電力設定を弄ってみる

おうちサーバの頭痛の種の一つが電気代。1Wと謂えども常時稼働だと1ヵ月で720Whとなり、馬鹿にできない。まさに塵も積もれば山となる。節約には何事も固定値の削減が肝なので、ESXiの省電力設定を弄ってみる。

マシン構成

CPU Intel Xeon E3-1260L (SandyBridge/2.4GHz/4C8T)
M/B MSI Z77A-GD65
RAM 24GB (DDR3-1333 8GB x 2 + DDR3-1333 4GB x 2/1.3V駆動)
VGA CPU内蔵
HDD 3.5インチHDD x 7
2.5インチHDD x 2
2.5インチSSD x 1
PCIe SATA 6Gbpsカード x 1 (Marvell 88SE9123)
PT3
電源 ANTEC EarthWatts EA-450-PLATINUM
VM FreeBSD 9.2-RELEASE
Windows 7 Professional

消費電力

各VMのログイン画面が表示され、ワットチェッカーが落ち着いた状態で測定。

管理ポリシー 消費電力
高パフォーマンス 72〜73
バランシング済み 71
低電力 69〜70
カスタム 67〜68

おお、結構違いが出るもんやね。

esxtopの表示を信じればESXi 5.0はC2ステート、5.1はC3ステートまでの対応っぽい。5.5はDeep C-State対応ということなので、C6かC7ステートらへんまで使えるのだろう。5.5にすれば更に5W程削れそうな予感?

5.5にしてみたが、esxtopは相変わらずC2ステートまでしか表示してくれなかった。BIOSの設定も問題なさそうだし、CPUが対応してないって事もなさそうなんだが、よくわからん。

Comments




blog/2013/2013-12-07.txt · 最終更新: 2015-03-16 19:33 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0