このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

FreeBSD jailを強制的に止める

jail -r JID で強制的にjailを止めることが出来る。JIDはjlsで確認出来る。jailがマウントしているprisoner(ホスト)のデバイスをumountするのもお忘れなく。

稼働中って事を忘れてテストjailをrm -rfしたら、

rm: jailtest/dev/fd: Operation not supported
rm: jailtest/dev/pts: Operation not supported
rm: jailtest/dev: Device busy

と言われ、慌ててservice jail stop jailtestとしたものの時既に遅し。/etc/rc.shutdownが消えちゃっててjailを停止できなかった(´・ω・`)。schgフラグで「Operation not permitted」になるから気づくハズだって?そんなもの、とっくにchflags -R jailtest/* noschg済みに決まってるじゃないですかー、やだー!

皆も気をつけようね。

Comments




blog/2016/2016-06-05.txt · 最終更新: 2016-06-05 20:14 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0