最近の変更サイトマップ

InnoDB File-Per-Tableモードではinnodb_data_home_dirは無視される

MySQL/MariaDBにinnodb_data_home_dirというシステム変数がある。InnoDBのデータファイル置き場を明示する変数だが、InnoDB File-Per-Tableモードでは指定値が無視される。File-Per-Tableモードとは、InnoDBのテーブル毎にファイルを作成するモードの事でinnodb_file_per_table変数で制御可能である。MySQL 5.6.6以降でデフォルト有効になったため、innodb_data_home_dirは事実上意味がなくなってしまった。

よって、File-Per-TableモードではZFSのrecordsizeprimarycacheをストレージエンジン毎に最適化する、という手法が取りにくくなった。(DBごとにフォルダが作成され、その中にInnoDBやMyISAMのファイルが混在することになるため。)自分のメモも兼ねて最適とされるパラメータを下表にまとめる。

ストレージエンジン recordsize primarycache
MyISAM 8kBall
InnoDB(データ) 16kBmetadata
InnoDB(ログ) 128kBmetadata

参考サイト

Comments




blog/2018/2018-10-22.txt · 最終更新: 2018-10-22 15:02 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0