このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

FreeBSDでQSFP+トランシーバの相性によって40GBASE-SR4が再リンクしなくなる事があるっぽい

家鯖(FreeBSD 11)とメインマシン(Windows 10)をConnectX-3の40GBASE-SR4で繋ぐようになって早5ヵ月。メインマシンをスリープ&レジュームすると、40GBASE-SR4が再リンクアップせず、サーバ側のQSFP+トランシーバを抜き差しすると直る、という現象が発生することがあった。

その時は決まって、サーバ側のTXシグナルが出ていないという状況。

$ ifconfig -v mlxen0
mlxen0: flags=8947<UP,BROADCAST,DEBUG,RUNNING,PROMISC,SIMPLEX,MULTICAST> metric 0 mtu 1500
        options=ad00b9<RXCSUM,VLAN_MTU,VLAN_HWTAGGING,JUMBO_MTU,VLAN_HWCSUM,VLAN_HWFILTER,VLAN_HWTSO,LINKSTATE,RXCSUM_IPV6>
        ether e4:1d:2d:74:16:e0
        hwaddr e4:1d:2d:74:16:e0
        nd6 options=29<PERFORMNUD,IFDISABLED,AUTO_LINKLOCAL>
        media: Ethernet 40Gbase-CR4 <full-duplex> (autoselect)
        status: no carrier
        plugged: QSFP+ 40GBASE-SR4 (MPO Parallel Optic)
        vendor: Mellanox PN: MC2210411-SR4 SN: MEQSRIC0115 DATE: 2015-03-23
        compliance level: Unspecified
        nominal bitrate: 10300 Mbps
        module temperature: 40.00 C voltage: 3.22 Volts
        lane 1: RX: 0.57 mW (-2.37 dBm) TX: 0.36 mW (-4.38 dBm)
        lane 2: RX: 1.06 mW (0.26 dBm) TX: 0.37 mW (-4.30 dBm)
        lane 3: RX: 0.96 mW (-0.17 dBm) TX: 0.00 mW (-30.46 dBm)
        lane 4: RX: 1.12 mW (0.52 dBm) TX: 0.37 mW (-4.20 dBm)

スリープ&レジュームで電気的に不連続状態になるメインマシン側がそうなるならまだしも、無関係なサーバ側がなんで死ぬのか全く意味がわからないのだが、結局のところQSFP+モジュールとNICとドライバの相性らしい。とりあえず10GtekのMellanox互換モジュールAMQ10-SR4-M1からAvago AFBR-79EQPZに変えて2ヵ月ほど経つが、今のところ再現はしていない。メインマシンの方は変わらずAMQ10-SR4-M1を使っていて特に問題なし。

やっぱりサーバ側の相性ということでFAで、直ったっぽい?

Comments




blog/2019/2019-05-13.txt · 最終更新: 2019-05-14 11:15 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0