このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ



FreeBSD PortsにFlavorsなる仕組みが出来てた

graphics/pecl-imagickをインストールしようとFreshPortsでportの情報見てたら、“Package flavors”なる項目があるのに気付いた。

ハンドブックによれば、Flavorsとは1つのportに複数のバリエーションを持たせる方法とのこと。多くの機能といくらかのパッケージ依存関係を持つノーマルバージョンと、最低限の機能と依存関係しかない軽量バージョンの2つのFlavorをportに持たせるとか、GUIツールキット毎にFlavorを分けるとか、そういう使い方を想定しているようだ。

2017-11-30にリリースされた仕組みで、どうやらPythonモジュール関連portsの整理かなんかで導入された雰囲気(一次情報を追ったわけではないので当てずっぽう。同日にpy36-*のportsは全てFlavor化されpy-*に統合されている)。

件のpecl-imagickについて言えば、php71/php72/php73とPHPのバージョンごとにFlavorが用意されている(2019-08-15現在)。Flavorの有無はそれぞれのportのディレクトリでmake pretty-flavors-package-namesとすると確認できる。

$ cd /usr/ports/graphics/pecl-imagick
$ make pretty-flavors-package-names
php73: php73-pecl-imagick-3.4.4
php71: php71-pecl-imagick-3.4.4
php72: php72-pecl-imagick-3.4.4

Flavorの指定はmakeでFLAVOR変数に渡せばおk。

# make FLAVOR=php73

これはなかなか便利ですな。

以前は、lang/php71を使いたいのにPECL拡張モジュールのportはPHP 5.6向けになってて、PHP 7.1用には自前でpeclコマンド叩いて入れなきゃならないって事があったけど、Flavor使えばports/packagesにおんぶにだっこできて楽チン。

あ、書いてて思い出したけど、Flavor付きのportはFlavorごとにpackageが分かれる点は留意の必要あり。上のコマンド例で分かる通り、php73フレーバーでpecl-imagickをインストールした場合、パッケージ名はphp73-pecl-imagickとなる。

Comments




blog/2019/2019-08-15.1565867102.txt.gz · 最終更新: 2019-08-15 20:05 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0