このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

Windows 10 1903のリモデバグはのWDDMドライバ無効で回避できるっぽい

Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)で、一部のIntel内蔵GPU環境のリモートデスクトップ環境で画面が真っ黒になったり、ログインしています画面で固まったりする問題は、グループポリシエディタでWDDMグラフィックスドライバを無効化すれば回避できるっぽい。

  1. グループポリシーエディターを起動する(検索窓にgpeditと入れるのが手っ取り早い)
  2. 以下のツリーたどり「リモートデスクトップ接続にWDDMグラフィックディスプレイドライバーを使用する」の設定を開く
    • コンピューターの構成
      • 管理用テンプレート
        • Windowsコンポーネント
          • リモートデスクトップサービス
            • リモートデスクトップセッションホスト
              • リモートセッション環境
  3. 「無効」にチェックを入れOKを押す
  4. Windowsを再起動する

公式には一部のIntel GPUでの問題とされているが、しょぼいGPU全般で起こるような気がしてるんですけど。自分が遭遇した限りでは、iGPU、VirtualBoxのVBoxVGA(アクセラレーションなし)、bhyveの各Windows環境で発生してるんですけど!

それどころか、言及されてるの見たことないけど、問題発生時は画面回りのみならずネットワーク周りも道連れに死んでる気がするんですけど!これも先の各環境で再現するんですけど!!超不便だし許さんぞMS……

Comments




blog/2019/2019-09-06.txt · 最終更新: 2019-09-10 10:56 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0