このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

ZFSにdRAID(パリティ非クラスタ化RAID)が来る

OpenZFS 2.1で分散ホットスペアを実現する新たなプール構成「dRAID」がリリースされる見込みだそうだ。dRAIDによってホットスペアが抽象化され、障害発生時のプールのリビルドが高速化されるとのこと。実装の解説を見ると、Declustered RAIDそのものな気がするが、OpenZFSでは慎ましく“Parity Declustered RAIDZ”と言っているようだ。

現在のZFSでは、ホットスペアはプールの予備デバイスという扱いとなっている。伝統的なRAIDシステムと同じ考え方で、ホットスペアは障害が起きたvdevの物理デバイスを置き換え、vdev内でresilver(データの復元とパリティの再計算)が行われる。抽象化が進んでいるZFSシステムの中では珍しく、割と物理デバイスを意識させる実装となっている。

dRAIDでは、そんなホットスペアデバイスの抽象化が行われる。表面上は今まで通りプールにスペアデバイスがあるように振る舞うが、内部的にはホットスペア用のブロックがvdevを構成する物理デバイスに分散して確保され、vdevに所属する仮想的な予備デバイスという扱いになる。デバイス障害時には、プールの全デバイスがかかわり分散的にデータ/パリティとスペアブロックを読み書きするため、リビルド時間が短縮されるという構図のようだ。ちなみに、dRAIDのrebuildはチェックサムとパリティの検証を行わないため、resilverとは明確に違うらしい。

言葉だけだとイメージが付きにくいが、図を見れば簡単に理解できるかと。

「Characterizing Declustered Software RAID for Enhancing Storage Reliability and Performance」(Zhi (George) Qiao, Song Fu, Hsing-bung Chen, Bradley Wade Settlemyer) より編集して抜粋

HCIのストレージの挙動に近いかも?

RAID-Z同様、dRAIDのvdev構成を後から変えることは現時点では出来ないとされている。ただし、dRAIDのデータ構造からするに、いわゆるdRAID Expansionはそう難しくない気がするが果たして…?。コードソンで会おう!

参考サイト

Comments




blog/2020/2020-10-07.txt · 最終更新: 2020-10-08 02:52 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0