このページの翻訳:
ソースの表示
管理最近の変更サイトマップ

NVMe SSDのRelative Performanceについて

smartmontoolsでNVMe SSDの出力結果を見てた際、Supported LBA Sizesの「Rel_Perf」という項目に目が止まった。

調べてみたところ、NVMe規格の定める「Relative Performance」(RP)を表す値のようだ。

NVMe SSD製品には複数のLBAサイズ(セクタサイズ)に対応し、切り替えて使えるものがある。構成するハードウェアの状況に合わせ、SSDが512バイトセクタや4kセクタのように振る舞うことができるというわけ。主にエンタープライズ用途で使われる機能と思われる。

こうした複数のLBAサイズが選択可能な状況で、RP値はそのデバイスにおけるLBA設定間の相対性能を表す指標とされている。2ビット値につき、取りうる値は0~3で、意味は下表のとおりである。

RP値 意味
0 最高性能 (Best Performance)
1 より良い性能 (Better Performance)
2 良い性能 (Good Performance)
3 低下した性能 (Degraded Performance)

LBAサイズ設定時は、基本的にRPが0に近いものを選定しとけばよさそう。

Micron 9200 MAXの場合、図にあるように512バイトLBAより4k LBAの方が性能が良いことを示唆している。

ところで、なんでこのSSDはLBAサイズが4つもあるの…?それ自体はエンプラ向けでは珍しくないことだが、0~1と2~3の違いは無いように見えるんですけど……謎。

Comments




blog/2020/2020-12-11.txt · 最終更新: 2020-12-11 00:40 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0