このページの翻訳:
ソースの表示
管理最近の変更サイトマップ

Proxmox VEのKSMを止める

Proxmox VE 6.2で仮想マシンを起動した途端、CPUファンが唸りを上げ、消費電力が50Wも増える状況に遭遇した。ゲスト側は完全にアイドル状態にもかかわらずだ。

こりゃ何事とホストでtopしてみると、ksmdなるプロセスがCPUを70~80%喰っていた。

ksmdの正体はKernel Samepage Mergingデーモンで、複数VMの同一内容のメモリページを共有して実メモリの消費量を抑える役割を担っているようだ。確かにこれはCPUリソースを食いそうだ。

メモリは潤沢にありオーバーコミットの予定もないので、お役御免ってことで無効化してしまう。同一バージョンのゲストOSを大量に起動するような状況じゃないと、イマイチ効果が薄そうな気もするし。

# systemctl disable ksmtuned

公式の解説では、その後ホストを再起動の指示があるが、systemctl stop ksmtunedでも同じ効果あるんじゃないかしら。知らんけど。KSMが効きまくってる環境だとヤバそうな気もするので、素直に再起動しときましょうか。

KSM無効後はCPU負荷も消費電力も元に戻った。めでたしめでたし。

参考サイト

Comments




blog/2020/2020-12-26.txt · 最終更新: 2020-12-26 05:41 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0