このページの翻訳:
ソースの表示
管理最近の変更サイトマップ

デグレったZFSプールは他マシンでのインポートが制限されるっぽい?

色々と事情があって、FreeBSDで作ったHDD×4台からなるRAIDZプールを、HDD×3でデグらせた状態でZoL環境でインポートした。

すると自動scrubが走るわけだが、処理途中で一旦エクスポートし、FreeBSDの方でHDD×4の状態でインポートしようとしたら出来なかった。

# zpool import zdata
cannot import 'zdata': no such pool available

こんなエラーが出るわけ。プールをFreeBSDとLinuxの間で、あまつさえデグレった状態で行き来させたせいで壊れた!?と超焦るわけ。

ZoL環境だと正常にインポートできたのでプールの無事は確認でき、HDD×4に戻してRAID修復が終わるのを待ったところ、FreeBSDの方でも何事もなくインポートできるようになった。

ここから分かることは、どうやらデグレった状態のプールを一度でもインポートすると、プールの健全性が回復するまで別のシステムでのインポートができなくなるらしい?これがZFSの正常な挙動なのか、FreeBSD (Legacy ZFS)とZoLを行き来したが為の特殊挙動なのかは分からない。

もし正式挙動だとしたら、プール修復中にマシンが壊れるとプールが死ぬわけだから、正式挙動ではないとは思うんだけど、実際に起こった事象として記録しておく。

Comments




blog/2021/2021-02-19.txt · 最終更新: 2021-02-19 05:27 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0