このページの翻訳:
ソースの表示
管理最近の変更サイトマップ

FreeBSDのMariaDB 10.4から設定ファイルがserver.cnfに変わった

FreeBSDのMariaDB 10.3を10.5に更新し起動しようとしたら、以下のメッセージが出て起動できなかった。

$ sudo service mysql-server start
Please merge existing /usr/local/etc/my.cnf file with /usr/local/etc/mysql/conf.d/server.cnf
/usr/local/etc/rc.d/mysql-server: WARNING: failed precmd routine for mysql

my.cnfserver.cnfをマージしろとな。

/usr/ports/UPDATINGを探ると以下の文言を発見。

20200526:
  AFFECTS: users of databases/mariadb104-client, databases/mariadb104-server
  AUTHOR: brnrd@FreeBSD.org

  The ports now add sample configuration files to /usr/local/etc/mysql. You
  must merge your client configuration with the conf.d/client.cnf and your
  server configuration with conf.d/server.cnf.

MariaDB 10.4から設定ファイル置き場が/usr/local/etc/mysqlになったっぽい。今までmy.cnfに一緒くたで書いていたサーバ、クライアントの設定は、それぞれconf.d/server.cnfとconf.d/client.cnfに分ける流儀になった模様。一応、my.cnfも存在するので、そこに書いても問題はないだろうけど…

とりあえず目マージで対応し、/usr/local/etc/my.cnfを消したところ、無事起動することを確認。

Comments




blog/2021/2021-04-25.txt · 最終更新: 2021-04-25 12:47 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0