このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

Emacs 24.3でp4.elを使う

能書き

仕事でPerforceを使うことになったので、EmacsからPerforceを操作出来るようにしてみる。

Subversionとは違い、Perforceはロック指向のVCSで、ファイルを編集する場合は「チェックアウト」して編集中であることを明示しなければならない。ワークスペース(svnで言うところの作業コピー)のファイルは基本的に読み取り専用属性がついており、チェックアウトして初めて書き込みが可能になるという仕組み。故に、エディタとp4が連携してないと非常に使いづらい。

Emacsで使えるPerfoce拡張は以下の2種類があるようだ。

  • vc-p4.el
  • p4.el

vc-p4.elはPerforce公式?の拡張で、EmacsのVersion Controlシステムに則ったものだそうだ。

対するp4.elはPerforceを熟知したユーザー向けの拡張で、Perforceの機能をフルに使えるのが特徴となっている。

今回はp4.elの方使ってみたいと思う。

試した環境

  • Windows 7 Professional (x64)
  • Perforce Rev. P4/NTX64/2013.1/821990
    • 特に確認はしてないが、コマンドライン版のp4クライアントが入ってる必要があると思う。

インストール

MELPAから一発インストール可能。M-x list-packagesしてp4で検索すると出てくる。

尚、MELPAの設定についてはこっち→Emacs 24.3でMELPAを使う

設定

環境変数

ユーザー環境変数 P4FCONFIGp4config に設定。

p4config

p4configファイルにデポへの接続設定を記述し、ローカルのワークスペースのルートに置いとくと、現在のワークスペースに合わせてp4クライアントが勝手に使い分けてくれる模様。

p4config

P4PORT=プロトコル:サーバ:ポート
P4USER=ユーザー名
P4CLIENT=ワークスペース名
P4CHARSET=文字コード

Unicodeを使っている場合は、デポに繋ごうとすると「unicode server permits only unicode clients」というエラーが出るのでP4CHARSETの指定が必須。

参考サイト

emacs/emacs_24.3_using_p4_el.txt · 最終更新: 2015-01-06 11:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0