最近の変更サイトマップ

FreeBSD 10.1RにAmpache 3.8をインストール

環境

  • FreeBSD 10.1-RELEASE-p10
  • Ampache 3.8.0

準備

Ampacheに必要な諸々のソフトを入れる。

Apache 2.4

デフォでONになってると思うが、mod_rewriteにチェックが入ってる事を確認。

sudo portmaster www/apache24

PHP 5.5

2015/11/2現在、lang/php5だとPHP 5.4が入り、php5-extensionのインストールで「PHP 5.4はもうすぐサポート切れるよ」と言われるので、敢えてlang/php55の方を入れる。

sudo portmaster lang/php55
sudo portmaster www/mod_php55

「httpd.confに設定しる」と言われるので忘れずに設定追加。

===>>> pkg-message for mod_php5-5.4.45,1
Always:
***************************************************************

Make sure index.php is part of your DirectoryIndex.

You should add the following to your Apache configuration file:

<FilesMatch "\.php$">
    SetHandler application/x-httpd-php
</FilesMatch>
<FilesMatch "\.phps$">
    SetHandler application/x-httpd-php-source
</FilesMatch>

***************************************************************

同様にphp55-extensionsも入れる。

少なくとも CURL, HASH, ICONV, JSON, PDO, PDO_MYSQL, SESSION, SIMPLEXML, ZLIB が必要。

sudo portmaster lang/php55-extensions

ffmpeg

トランスコードを使う場合はffmpegも入れる。オプションはお好みだが、最低限mp3, aac, oggあたりを有効にしておくといいだろう。

sudo portmaster multimedia/ffmpeg
freebsd/freebsd_10.1r_install_ampache_3.8.0.txt · 最終更新: 2015-11-02 12:11 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0