最近の変更サイトマップ

以前のリビジョンの文書です


FreeBSD 11でPiwigoを使う

試した環境

  • FreeBSD 11.2-RELEASE-p4
  • Piwigo 2.9.4
    • 必須パッケージ
      • Apache 2.4.37
      • PHP 7.1.23
      • MariaDB 10.3.10
    • オプション
      • ExifTool 11.01 graphics/p5-Image-ExifTool
        • Perl 5.24.4
      • FFmpeg 4.0.2
      • jpegtran graphics/jpeg-turbo 2.0.0
      • pdftoppm graphics/poppler-utils 0.57.0

必要なソフトのインストール

portmaster www/apache24
portmaster databases/mariadb1030-server
portmaster lang/php71 lang/php71-extensions www/mod_php71

オプションもてんこ盛りで。

portmaster graphics/ImageMagick6 graphics/pecl-imagick
portmaster graphics/jpeg-turbo graphics/p5-Image-ExifTool graphics/poppler-utils multimedia/ffmpeg

DBの準備

Piwigoに専用のDBとユーザーを割り当てる。既存のDBを使う場合は飛ばしておくんなまし。

create database piwigo
create user piwigo@localhost identified by 'password'
grant all on piwigo.* to piwigo@localhost identified by 'password'

Piwigoのインストール

Piwigo的にはNetInstall推しのようだが、個人的にはzipを取得&展開するManual Installの方が分かりやすい気がする。

$ fetch 'http://piwigo.org/download/dlcounter.php?code=latest' -o piwigo.zip
$ unzip piwigo.zip

設置場所に対応するURLにアクセスすると、セットアップ画面が表示されるので適切な値を入れる。

正常にセットアップ出来ると下のような画面に遷移する。

freebsd/freebsd_11_install_piwigo_2_9.1542351356.txt.gz · 最終更新: 2018-11-16 15:55 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0