このページの翻訳:
ソースの表示
管理最近の変更サイトマップ

Proxmox VE 6.2のZFS環境でPCIパススルーを有効化

書きかけ

試した環境

手順

IOMMUの有効化

カーネルコマンドラインでIOMMUを有効化する。

/etc/kernel/cmdlineintel_iommu=on iommu=ptを追加し、pve-efiboot-tool refreshを実行する。

# cat /etc/kernel/cmdline
root=ZFS=rpool/ROOT/pve-1 boot=zfs intel_iommu=on iommu=pt
# pve-efiboot-tool refresh
unning hook script 'pve-auto-removal'..
Running hook script 'zz-pve-efiboot'..
Re-executing '/etc/kernel/postinst.d/zz-pve-efiboot' in new private mount namespace..
Copying and configuring kernels on /dev/disk/by-uuid/D067-47DC
        Copying kernel and creating boot-entry for 5.4.34-1-pve

AMDのCPUの場合はamd_iommu=onとする。

また、非ZFS環境の場合は/etc/default/grubGRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULTに上記のパラメータを追加し、update-grubを実行する。

カーネルモジュールの読み込み

要検証:以下に挙げるモジュールはカーネルに内蔵されている気がする。よって本作業は意味がないような気がする。

/etc/modulesにPCIパススルーに必要なモジュールを記述する。

vfio
vfio_iommu_type1
vfio_pci
vfio_virqfd

カーネルモジュール関連の変更を行った際は、忘れずにinitramfsの再構築を行う。

# update-initramfs -u -k all

Interrupt Remappingの確認

システムがIRQマッピングに対応してるか確認する。

起動メッセージ内にremapping enabled的なログがあればOK。

# dmesg | grep 'remapping'
[    1.736785] DMAR-IR: Queued invalidation will be enabled to support x2apic and Intr-remapping.
[    1.737508] DMAR-IR: Enabled IRQ remapping in x2apic mode

ない場合はallow_unsafe_interruptsを設定すればいいらしい。

# echo "options vfio_iommu_type1 allow_unsafe_interrupts=1" > /etc/modprobe.d/vfio.conf

IOMMUの状態を確認

一度システムを再起動しIOMMUを有効化と状態の確認を行う。

起動メッセージ内にIOMMU enabledとあればOK。

# dmesg | grep -e DMAR -e IOMMU -e AMD-Vi
[    0.014749] ACPI: DMAR 0x0000000079D90148 000128 (v01 ALASKA A M I    00000001 INTL 20091013)
[    0.950958] DMAR: IOMMU enabled
[    1.734721] DMAR: Host address width 46
[    1.734724] DMAR: DRHD base: 0x000000fbffc000 flags: 0x0
[    1.734732] DMAR: dmar0: reg_base_addr fbffc000 ver 1:0 cap d2078c106f0466 ecap f020de
[    1.734736] DMAR: DRHD base: 0x000000c7ffc000 flags: 0x1
[    1.734742] DMAR: dmar1: reg_base_addr c7ffc000 ver 1:0 cap d2078c106f0466 ecap f020de
[    1.734746] DMAR: RMRR base: 0x0000007bc18000 end: 0x0000007bc27fff
[    1.734749] DMAR: ATSR flags: 0x0
[    1.734751] DMAR: RHSA base: 0x000000c7ffc000 proximity domain: 0x0
[    1.734754] DMAR: RHSA base: 0x000000fbffc000 proximity domain: 0x1
[    1.734758] DMAR-IR: IOAPIC id 3 under DRHD base  0xfbffc000 IOMMU 0
[    1.734761] DMAR-IR: IOAPIC id 1 under DRHD base  0xc7ffc000 IOMMU 1
[    1.734764] DMAR-IR: IOAPIC id 2 under DRHD base  0xc7ffc000 IOMMU 1
[    1.734766] DMAR-IR: HPET id 0 under DRHD base 0xc7ffc000
[    1.734769] DMAR-IR: Queued invalidation will be enabled to support x2apic and Intr-remapping.
[    1.735497] DMAR-IR: Enabled IRQ remapping in x2apic mode
[    3.273462] DMAR: dmar0: Using Queued invalidation
[    3.273479] DMAR: dmar1: Using Queued invalidation
[    3.295150] DMAR: Intel(R) Virtualization Technology for Directed I/O
[    3.421919] ehci-pci 0000:00:1a.0: DMAR: 32bit DMA uses non-identity mapping
[    3.539671] ehci-pci 0000:00:1d.0: DMAR: 32bit DMA uses non-identity mapping

IOMMUデバイスグループの確認

PCIパススルーしたいデバイスのIOMMUグループを確認する。

パススルーはIOMMUグループ単位で行われるため、対象デバイスと同一グループの不必要なデバイスも一緒にパススルーされてしまう。

シェルから確認する場合は以下のような感じで。

# find /sys/kernel/iommu_groups/ -type l | sort
...
/sys/kernel/iommu_groups/40/devices/0000:00:1d.0
/sys/kernel/iommu_groups/41/devices/0000:00:1f.0
/sys/kernel/iommu_groups/41/devices/0000:00:1f.2
/sys/kernel/iommu_groups/41/devices/0000:00:1f.3
/sys/kernel/iommu_groups/42/devices/0000:01:00.0
...

IOMMUグループの変更はデバイスを取りつけるPCIeスロットを変えるのが基本だが、どうにもならない時はACSオーバーライドを使う。

カーネルの起動パラメータにpcie_acs_override=paramを追加して再起動。

id:vvvv:dddd
downstream
multifunction

上手くいけば下図のようにIOMMUグループが分離される。でも、必ずしも分離できるとは限らないので、その時は諦めるしかない。

VFIOの設定

パススルーしたいデバイスのベンダIDとデバイスIDをVFIOの設定に追加する。

要検証:一度でも通常のドライバが適用されるとマズいデバイス(GPUとか)以外では特に設定しなくても大丈夫かも?そもそもカーネル内蔵のvfioドライバなので、confファイルによる指定は効いてないかも?

ベンダIDとデバイスIDの調査。行末の[8086:8d62]ってやつが目当ての値。

# lspci -nn | grep SATA
00:11.4 SATA controller [0106]: Intel Corporation C610/X99 series chipset sSATA Controller [AHCI mode] [8086:8d62] (rev 05)
00:1f.2 SATA controller [0106]: Intel Corporation C610/X99 series chipset 6-Port SATA Controller [AHCI mode] [8086:8d02] (rev 05)

vfio.confに追記。initramfsの更新もお忘れなく。

# echo 'options vfio-pci ids=8086:86d2' >> /etc/modprobe.d/vfio.conf

カーネルの起動パラメータとして指定する場合はcmdlinevfio-pci.idsで指定する。

root=ZFS=rpool/ROOT/pve-1 boot=zfs intel_iommu=on iommu=pt vfio-pci.ids=8086:8562

参考サイト

linux/proxmox_ve_6_2_enable_pci_passthrough.txt · 最終更新: 2020-11-19 23:03 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0