このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

旧型Mac ProでUP2414Qを使う

環境

  • Mac Pro 4,1 (Early 2009)
  • GV-R777OC-1GD (Radeon HD7770/1GB) → Radeon 7970に変更。
    • BIOSはそのまま。 → EFI化した。
  • UP2414Q

動作確認

Windows 7 on BootCamp

UP2414QのDisplayPort 1.2を有効にし、難なく3820×2160@60Hzで表示出来た。

OS X

  • 10.8.5
    • 3840×2160@30Hzが上限。DP 1.2を有効にするとブラックアウト。
  • 10.9.1
    • 3840*2160@30Hzが上限。DP 1.2を有効にしてもブラックアウトすることはないが30Hz止まり。
  • 10.9.2
    • EFI(≠UEFI)を持たないビデオカード、つまりMac用以外のカードでDisplayPortで繋ぐと4k関係なく無限再起動。ゴミ。
  • 10.9.3
    • デフォルトでHiDPI表示できるようになった。DP 1.2有効で4k@60HzもOKだが2画面扱いになる。要するに、モニタの左右でそれぞれ別のデスクトップになる。ハハッ、ワロス。
  • 10.9.4
    • 10.9.3と同じ。

現状、OS XはMST非対応っぽい?

MSTには対応しているようだが、使えるのはSharp PN-K321とASUS PQ321Qだけっぽい

10.9.2βで60Hz出力出来るようになってるようだが、はてさて。

MST対応どころか、Radeon HD 7000系でDisplay Port接続すると無限再起動するというバグ有り。無料だからって手を抜きすぎ。

メモ

OS XでPC用のRadeonを使う場合、映像端子の種類に気をつける必要がある。

何故かというと、端子の種類、数、順番、信号の種類がドライバにハードコーディングされているため、それらと実際のビデオカードの実装が合致しないと映像が出ない。ドライバにはいくつかの端子情報が含まれており、Hackintosh界隈ではパーソナリティと呼ばれている模様。

ラデ7000系の場合、DL DVI-I/HDMI/(mini)DisplayPort x 2の組み合わせ(SAPPHIRE HD 7950 3GB GDDR5 MAC Editionのそれ)以外は非対応と思っていい(DisplayPort x 6のパーソナリティもあったりするが、カードの入手性が悪いので…)。端子の組み合わせとレイアウトが一緒ならまぁ大丈夫だと思うが、GPUの内部的な端子順が同じとは限らないので、ある程度の人柱心が必要。

ドライバの端子情報書換という方法もあるが、OS Xのアップデートでドライバが更新される度に書き換える必要がある。この場合、再度書き換えるまで無論画面は映らなくなる。

mac/mac_proの4k事情.txt · 最終更新: 2015-01-06 02:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0