このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

以前のリビジョンの文書です




RouterOSのSwitch/Bridge/Interfacesについて

RouterOSの管理画面には「Switch」「Bridge」「Interfaces」と似たような項目がある。そして、それぞれのサブ項目も似てて何じゃこりゃという感じ。ドキュメント読んだり色々いじってみるに、おおむねOSI参照モデルのL1, L2, L3に対応した概念となっているようだ。

Switch

ハードウェア由来の要素。製品仕様・ブロックダイアグラムに記載のスイッチチップごとにできる。

追加や削除は無理。

Bridge

ネットワークセグメントを構成するため要素。いわゆる普通の“ブリッジ”。

同じBridgeに所属するInterfacesが同一のセグメントとして扱われる。

自由に追加や削除、所属するInterfacesを変えることができるが、構成によってはハードウェアオフロードが効かなかったり、Switch間の内部インタフェースがボトルネックになったりするので注意が必要。

Interfaces

ネットワークの接続点となる要素。物理ポートはもちろんのこと、VLANのインタフェースなどの仮想ポートもInterfaceとなる。

network/routeros/routeros_about_interfaces_bridge_switch.1570015787.txt.gz · 最終更新: 2019-10-02 11:29 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0