このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

世界最安の40GbE対応スイッチCRS326-24S+2Q+RMがやってきた!

真っ当な流通ルートで購入できるものでは世界最安1)と思われる40GbE対応スイッチ、CRS326-24S+2Q+RMがやってきた!流石は俺たちのMikroTik!!とかいいつつ、同社の製品を買うのは初めてだったりする。

このページに辿り着くくらいの人には釈迦に説法だろうけど、CRS326-24S+2Q+RMは10ギガビット対応のSFP+ポートを24個、加えて40ギガビット対応のQSFP+ポートを2つ備えながら499ドルという超破格を実現した頭おかしいスイッチである。普通に考えたら499ドルは結構な額だが、この性能でこの額は本当に価格破壊もいいところ。しかもEuroDKでは384ドルで売ってる()。マジでありえん。

というわけで誘惑に勝てずに買ってしまった。8/22(木)に注文して26(月)に配達される40GbE顔負けの高速配送っぷりだったけど、結局受け取りは週末までお預け。送料やら消費税やらで、最終的に448ドル+1900円となった。

設置場所の問題やらMPOケーブル不足やらで本格的には試せてないが、ひとまず下表環境のiperf3 (MTU=1500)で28Gbpsほど出ることは確認。

サーバ クライアント
OS FreeBSD 11.2-RELEASE (x64) Windows 10 Pro. (x64)
M/B Supermicro X10DRi MSI X370 SLI PLUS
CPU Xeon E5-2648L v3 @1.8GHz Ryzen 7 1700 @3.0GHz
RAM Registered DDR4-2400 16GB×4 (2133MHz駆動) DDR4-2666 16GB×4
NIC ConnectX-3 Pro EN (PCIe 3.0x8)

使われてるスイッチチップは98DX8332っぽい。明言はされてないけど、2.5GbE/5GbEにも対応してる予感…?ポートの速度設定画面にチェックボックスがあるんですけど……。

OSはRouterOSとSwOSのデュアル対応なので、一応L3の処理も可能。だけどスイッチチップで処理できないものはCPU処理となるうえ、内部リンクは1Gbpsなので折角の性能が死ぬ。なので素直にL2スイッチとして使うか、軽めのフィルタでWANを受けるとかに留めるのが吉。幸い10Gポートは腐るほどあるからLAG組んでL3処理は上位ルータに投げてしまえばいいかと。AT-x510-28GTXも泣いて喜ぶね!

ざっくり消費電力は以下の通り。

状況 消費電力
待機(SFPモジュールは一切挿してない状態) 13W
待機(40GBASE-SR4×2でリンクアップ) 15~16W
40GBASE-SR4でiperf実行 17W

出荷時のRouterOSバージョンではファンが結構うるさいが、6.45.5に更新したらかなり静かになった。基本は停止、内部温度に応じて回転数可変のなかなかアグレッシブな制御をしてくれるようになる。消費電力とあわせて一般のご家庭にも大変やさしい仕様と言える。ありがとうMikroTik。なお、回転時はそれなりに音がする。風切り音よりファン自体の回転音が大きい感じ。個人的には許容範囲内だけど気になる人は気になると思われる。

1)
2019年9月4日現在

ZFS on LinuxにRAID-Z Expansionのパッチが登場してた

表題の通り、ZoLにRAID-Z Expansionのパッチがコミットされていた→[WIP] raidz expansion, alpha preview 1 by ahrens · Pull Request #8853 · zfsonlinux/zfs · GitHub

まだα版ながらRAID-Z Expansionしたプールのimport/export、expansionのバックグランド実行等、基本的には動いているものの、不具合が発生した時はデータ消失の危険や、ディスクフォーマットは最終リリースとは異なるためテスト用とのこと。試される方は自己責任でオナシャス。

システムフォントをNotoにしてるとVisual Studio 2013がインストールできない件

Windows 10のシステムフォントを書き換えてNoto Sans CJKにしてるとVisual Studio 2013がインストール出来ないっぽい。

インストーラであるvs_community.exeを実行すると、画面中央に「Visual Studio」ロゴが表示された後、お馴染みの縦長インストーラUIが出るんだけれども、ただの真っ黒ウィンドウで1分程すると勝手に終了してしまう。

プロパティから「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れて起動すると、画面は正しく出るものの今度は互換性エンジンが云々でインストールが出来ない。これは既知の問題というか、そういう仕様っぽいのである意味正常。

%TEMP%に作られるインストーラのログ(dd_vs_community_日付.logってファイル)を見たら
「[4F88:2824][2019-08-17T11:40:29]e000: MUX: ERROR: 'file:///C:/WINDOWS/FONTS/NotoSansCJKjp-Regular.otf' ファイルは、予測されるファイル形式の仕様に準拠していません。」
という怪しげな一文が…!当該箇所のログ全文は↓の通り。どう見てもフォントのインスタンスを作ってるっぽい所で落ちてる。

[4F88:2824][2019-08-17T11:40:29]e000: MUX:  ERROR: 'file:///C:/WINDOWS/FONTS/NotoSansCJKjp-Regular.otf' ファイルは、予測されるファイル形式の仕様に準拠していません。
[4F88:2824][2019-08-17T11:40:29]e000: MUX:  Stack:    場所 Adobe.CffRasterizer.OTFRasterizer.MapErrorCode(AdobeErrorCode error)
   場所 Adobe.CffRasterizer.OTFRasterizer.NewFont(UnmanagedMemoryStream fontFileStream, Uri sourceUri, Int32 faceIndex)
   場所 MS.Internal.FontFace.TrueTypeFontDriver.ReadCFFMetrics(FontFaceLayoutInfo cache, Boolean vmtxPresent, UInt16 typoAscent, UInt16 typoDescent)
   場所 MS.Internal.FontFace.TrueTypeFontDriver.ReadGlyfMetrics(FontFaceLayoutInfo cache, UInt16 indexToLocFormat, Boolean vmtxPresent, UInt16 typoAscent, UInt16 typoDescent)
   場所 MS.Internal.FontFace.TrueTypeFontDriver.ReadAdvances(FontFaceLayoutInfo cache, CheckedPointer hmtxTable, UInt16 numberOfMetrics, UInt16 indexToLocFormat, UInt16 typoAscent, UInt16 typoDescent)
   場所 MS.Internal.FontFace.TrueTypeFontDriver.GetLayoutFontFaceInfo(FontFaceLayoutInfo cache)
   場所 MS.Internal.FontCache.FontFaceLayoutInfo.MS.Internal.FontCache.IFontCacheElement.AddToCache(CheckedPointer newPointer, ElementCacher cacher)
   場所 MS.Internal.FontCache.HashTable.Lookup(IFontCacheElement e, Boolean add)
   場所 MS.Internal.FontCache.CacheManager.Lookup(IFontCacheElement e)
   場所 System.Windows.Media.GlyphTypeface.Initialize(Uri typefaceSource, StyleSimulations styleSimulations, Boolean fromPublic)
   場所 MS.Internal.FontCache.CachedFontFace.CreateGlyphTypeface()
   場所 MS.Internal.FontFace.PhysicalFontFamily.GetGlyphTypeface(FontStyle style, FontWeight weight, FontStretch stretch)
   場所 MS.Internal.FontFace.PhysicalFontFamily.MS.Internal.FontFace.IFontFamily.GetTypefaceMetrics(FontStyle style, FontWeight weight, FontStretch stretch)
   場所 System.Windows.Media.Typeface.ConstructCachedTypeface()
   場所 System.Windows.Media.Typeface.get_CachedTypeface()
   場所 System.Windows.Media.Typeface.CheckFastPathNominalGlyphs(CharacterBufferRange charBufferRange, Double emSize, Double widthMax, Boolean keepAWord, Boolean numberSubstitution, CultureInfo cultureInfo, Int32& stringLengthFit)
   場所 MS.Internal.TextFormatting.SimpleRun.CreateSimpleTextRun(CharacterBufferRange charBufferRange, TextRun textRun, TextFormatterImp formatter, Int32 widthLeft, Boolean emergencyWrap)
   場所 MS.Internal.TextFormatting.SimpleRun.Create(FormatSettings settings, CharacterBufferRange charString, TextRun textRun, Int32 runLength, Int32 widthLeft)
   場所 MS.Internal.TextFormatting.SimpleRun.Create(FormatSettings settings, Int32 cp, Int32 cpFirst, Int32 widthLeft, Int32 widthMax)
   場所 MS.Internal.TextFormatting.SimpleTextLine.Create(FormatSettings settings, Int32 cpFirst, Int32 paragraphWidth)
   場所 MS.Internal.TextFormatting.TextFormatterImp.FormatLineInternal(TextSource textSource, Int32 firstCharIndex, Int32 lineLength, Double paragraphWidth, TextParagraphProperties paragraphProperties, TextLineBreak previousLineBreak, TextRunCache textRunCache)
   場所 MS.Internal.TextFormatting.TextFormatterImp.FormatLine(TextSource textSource, Int32 firstCharIndex, Double paragraphWidth, TextParagraphProperties paragraphProperties, TextLineBreak previousLineBreak, TextRunCache textRunCache)
   場所 System.Windows.Controls.TextBlock.MeasureOverride(Size constraint)
   場所 System.Windows.FrameworkElement.MeasureCore(Size availableSize)
   場所 System.Windows.UIElement.Measure(Size availableSize)
   場所 System.Windows.Controls.StackPanel.MeasureOverride(Size constraint)
   場所 System.Windows.FrameworkElement.MeasureCore(Size availableSize)
   場所 System.Windows.UIElement.Measure(Size availableSize)
   場所 System.Windows.Controls.Grid.MeasureOverride(Size constraint)
   場所 System.Windows.FrameworkElement.MeasureCore(Size availableSize)
   場所 System.Windows.UIElement.Measure(Size availableSize)
   場所 System.Windows.Controls.Grid.MeasureCell(Int32 cell, Boolean forceInfinityV)
   場所 System.Windows.Controls.Grid.MeasureCellsGroup(Int32 cellsHead, Size referenceSize, Boolean ignoreDesiredSizeU, Boolean forceInfinityV)
   場所 System.Windows.Controls.Grid.MeasureOverride(Size constraint)
   場所 System.Windows.FrameworkElement.MeasureCore(Size availableSize)
   場所 System.Windows.UIElement.Measure(Size availableSize)
   場所 System.Windows.Controls.Grid.MeasureOverride(Size constraint)
   場所 System.Windows.FrameworkElement.MeasureCore(Size availableSize)
   場所 System.Windows.UIElement.Measure(Size availableSize)
   場所 MS.Internal.Helper.MeasureElementWithSingleChild(UIElement element, Size constraint)
   場所 System.Windows.Controls.ContentPresenter.MeasureOverride(Size constraint)
   場所 System.Windows.FrameworkElement.MeasureCore(Size availableSize)
   場所 System.Windows.UIElement.Measure(Size availableSize)
   場所 System.Windows.Controls.Border.MeasureOverride(Size constraint)
   場所 System.Windows.FrameworkElement.MeasureCore(Size availableSize)
   場所 System.Windows.UIElement.Measure(Size availableSize)
   場所 System.Windows.Controls.Control.MeasureOverride(Size constraint)
   場所 System.Windows.FrameworkElement.MeasureCore(Size availableSize)
   場所 System.Windows.UIElement.Measure(Size availableSize)
   場所 System.Windows.Controls.Decorator.MeasureOverride(Size constraint)
   場所 System.Windows.Documents.AdornerDecorator.MeasureOverride(Size constraint)
   場所 System.Windows.FrameworkElement.MeasureCore(Size availableSize)
   場所 System.Windows.UIElement.Measure(Size availableSize)
   場所 System.Windows.Controls.Grid.MeasureOverride(Size constraint)
   場所 System.Windows.FrameworkElement.MeasureCore(Size availableSize)
   場所 System.Windows.UIElement.Measure(Size availableSize)
   場所 System.Windows.ContextLayoutManager.UpdateLayout()
   場所 System.Windows.ContextLayoutManager.UpdateLayoutCallback(Object arg)
   場所 System.Windows.Media.MediaContext.InvokeOnRenderCallback.DoWork()
   場所 System.Windows.Media.MediaContext.FireInvokeOnRenderCallbacks()
   場所 System.Windows.Media.MediaContext.RenderMessageHandlerCore(Object resizedCompositionTarget)
   場所 System.Windows.Media.MediaContext.RenderMessageHandler(Object resizedCompositionTarget)
   場所 System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.InternalRealCall(Delegate callback, Object args, Boolean isSingleParameter)
   場所 System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.TryCatchWhen(Object source, Delegate callback, Object args, Boolean isSingleParameter, Delegate catchHandler)
   場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.WrappedInvoke(Delegate callback, Object args, Boolean isSingleParameter, Delegate catchHandler)
   場所 System.Windows.Threading.DispatcherOperation.InvokeImpl()
   場所 System.Windows.Threading.DispatcherOperation.InvokeInSecurityContext(Object state)
   場所 System.Threading.ExecutionContext.runTryCode(Object userData)
   場所 System.Runtime.CompilerServices.RuntimeHelpers.ExecuteCodeWithGuaranteedCleanup(TryCode code, CleanupCode backoutCode, Object userData)
   場所 System.Threading.ExecutionContext.RunInternal(ExecutionContext executionContext, ContextCallback callback, Object state)
   場所 System.Threading.ExecutionContext.Run(ExecutionContext executionContext, ContextCallback callback, Object state)
   場所 System.Windows.Threading.DispatcherOperation.Invoke()
   場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.ProcessQueue()
   場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.WndProcHook(IntPtr hwnd, Int32 msg, IntPtr wParam, IntPtr lParam, Boolean& handled)
   場所 MS.Win32.HwndWrapper.WndProc(IntPtr hwnd, Int32 msg, IntPtr wParam, IntPtr lParam, Boolean& handled)
   場所 MS.Win32.HwndSubclass.DispatcherCallbackOperation(Object o)
   場所 System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.InternalRealCall(Delegate callback, Object args, Boolean isSingleParameter)
   場所 System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.TryCatchWhen(Object source, Delegate callback, Object args, Boolean isSingleParameter, Delegate catchHandler)
   場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.WrappedInvoke(Delegate callback, Object args, Boolean isSingleParameter, Delegate catchHandler)
   場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.InvokeImpl(DispatcherPriority priority, TimeSpan timeout, Delegate method, Object args, Boolean isSingleParameter)
   場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.Invoke(DispatcherPriority priority, Delegate method, Object arg)
   場所 MS.Win32.HwndSubclass.SubclassWndProc(IntPtr hwnd, Int32 msg, IntPtr wParam, IntPtr lParam)
   場所 MS.Win32.UnsafeNativeMethods.DispatchMessage(MSG& msg)
   場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.PushFrameImpl(DispatcherFrame frame)
   場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.PushFrame(DispatcherFrame frame)
   場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.Run()
   場所 Microsoft.Devdiv.Bootstrapper.ManagedUx.RunUI(ViewModelCommonUi viewModel)
   場所 Microsoft.Devdiv.Bootstrapper.ManagedUx.InternalRun()
   場所 Microsoft.Devdiv.Bootstrapper.ManagedUx.Run()
   場所 System.Threading.ThreadHelper.ThreadStart_Context(Object state)
   場所 System.Threading.ExecutionContext.Run(ExecutionContext executionContext, ContextCallback callback, Object state)
   場所 System.Threading.ThreadHelper.ThreadStart()

まさかと思ってシステムフォントを標準のYu Gothic UIに戻してみたら無事インストーラが立ち上がった。マジかよーって感じ。

確認してないけど、Notoの問題ってよりシステムフォントにOTF指定したのが不味いのかも?とりあえず無事インスコ出来てよかった。



FreeBSD PortsにFlavorsなる仕組みが出来てた

graphics/pecl-imagickをインストールしようとFreshPortsでportの情報見てたら、“Package flavors”なる項目があるのに気付いた。

ハンドブックによれば、Flavorsとは1つのportに複数のバリエーションを持たせる方法とのこと。多くの機能といくらかのパッケージ依存関係を持つノーマルバージョンと、最低限の機能と依存関係しかない軽量バージョンの2つのFlavorをportに持たせるとか、GUIツールキット毎にFlavorを分けるとか、そういう使い方を想定しているようだ。

2017-11-30にリリースされた仕組みで、どうやらPythonモジュール関連portsの整理かなんかで導入された雰囲気(一次情報を追ったわけではないので当てずっぽう。同日にpy36-*のportsは全てFlavor化されpy-*に統合されている)。

件のpecl-imagickについて言えば、php71/php72/php73とPHPのバージョンごとにFlavorが用意されている(2019-08-15現在)。Flavorの有無はそれぞれのportのディレクトリでmake pretty-flavors-package-namesとすると確認できる。

$ cd /usr/ports/graphics/pecl-imagick
$ make pretty-flavors-package-names
php73: php73-pecl-imagick-3.4.4
php71: php71-pecl-imagick-3.4.4
php72: php72-pecl-imagick-3.4.4

Flavorの指定はmakeでFLAVOR変数に渡せばおk。

# make FLAVOR=php73

これはなかなか便利ですな。

以前は、lang/php71を使いたいのにPECL拡張モジュールのportはPHP 5.6向けになってて、PHP 7.1用には自前でpeclコマンド叩いて入れなきゃならないって事があったけど、Flavor使えばports/packagesにおんぶにだっこできて楽チン。

あ、書いてて思い出したけど、Flavor付きのportはFlavorごとにpackageが分かれる点は留意の必要あり。上のコマンド例で分かる通り、php73フレーバーでpecl-imagickをインストールした場合、パッケージ名はphp73-pecl-imagickとなる。

FreeBSDのMariaDBでリモートクライアントからの接続を許可する

A5:SQL Mk-2を使って、実家からVPN経由で自宅鯖のMariaDBにアクセスしようとしたら「Access denied for user'xxxx'」と言われて繋がらなかった。デフォルトでは自ホストのクライアントからの接続しか許可してないらしいので、リモートクライアントからの接続を許可してみたメモ。丁寧なhttps://mariadb.com/kb/en/library/training-tutorials/basic-mariadb-articles/configuring-mariadb-for-remote-client-access/公式ドキュメントが用意されてるので、その通りに進めていくだけですけどね。

my.cnfの設定

'my.cnf[mysqld]''セクションに以下の2行を追加する。

[mysqld]
skip-networking=0
skip-bind-address

リモート接続権限の付与

ユーザーにリモート接続の権限を付加する。許可するホストとパスワードを追加してるっぽいので、接続元ごとにパスワードを変えられるっぽい?

GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO 'root'@'172.16.%' IDENTIFIED BY 'new-password' WITH GRANT OPTION;

こんな感じで追加されてればおk。

> SELECT user,host FROM mysql.user;
+--------------+-----------+
| user         | host      |
+--------------+-----------+
| root         | 127.0.0.1 |
| root         | 172.16.%  | ←これ
start.txt · 最終更新: 2019-08-19 02:45 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0