このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ



FreeBSD PortsにFlavorsなる仕組みが出来てた

graphics/pecl-imagickをインストールしようとFreshPortsでportの情報見てたら、“Package flavors”なる項目があるのに気付いた。

ハンドブックによれば、Flavorsとは1つのportに複数のバリエーションを持たせる方法とのこと。多くの機能といくらかのパッケージ依存関係を持つノーマルバージョンと、最低限の機能と依存関係しかない軽量バージョンの2つのFlavorをportに持たせるとか、GUIツールキット毎にFlavorを分けるとか、そういう使い方を想定しているようだ。

2017-11-30にリリースされた仕組みで、どうやらPythonモジュール関連portsの整理かなんかで導入された雰囲気(一次情報を追ったわけではないので当てずっぽう。同日にpy36-*のportsは全てFlavor化されpy-*に統合されている)。

件のpecl-imagickについて言えば、php71/php72/php73とPHPのバージョンごとにFlavorが用意されている(2019-08-15現在)。Flavorの有無はそれぞれのportのディレクトリでmake pretty-flavors-package-namesとすると確認できる。

$ cd /usr/ports/graphics/pecl-imagick
$ make pretty-flavors-package-names
php73: php73-pecl-imagick-3.4.4
php71: php71-pecl-imagick-3.4.4
php72: php72-pecl-imagick-3.4.4

Flavorの指定はmakeでFLAVOR変数に渡せばおk。

# make FLAVOR=php73

これはなかなか便利ですな。

以前は、lang/php71を使いたいのにPECL拡張モジュールのportはPHP 5.6向けになってて、PHP 7.1用には自前でpeclコマンド叩いて入れなきゃならないって事があったけど、Flavor使えばports/packagesにおんぶにだっこできて楽チン。

あ、書いてて思い出したけど、Flavor付きのportはFlavorごとにpackageが分かれる点は留意の必要あり。上のコマンド例で分かる通り、php73フレーバーでpecl-imagickをインストールした場合、パッケージ名はphp73-pecl-imagickとなる。

FreeBSD 12のApache 2.4.39がunion semun ickふんだららでビルドエラー

FreeBSD 12.0-RELEASEへの更新中、www/apache24のports更新で以下のようなビルドエラーが起きた。

unixd.c:245:25: error: variable has incomplete type 'union semun'
            union semun ick;
                        ^
unixd.c:245:19: note: forward declaration of 'union semun'
            union semun ick;
                  ^
1 error generated.
*** [unixd.lo] Error code 1

union semunが定義されとらんとな…。

ググってみたら既にバグチケが上がっていた。メンテナ曰く、当該箇所を削除するか全部のトップレベルのportsをリビルドせよとの事だが、後者は面倒でござる。というか、“全てのトップレベル”の範囲がわからんかったので、ソース修正でどうにかする。

/usr/ports/www/apache24/work/httpd-2.4.39/os/unix/unixd.cの240行目付近、#if !APR_HAVE_UNION_SEMUNによってunion semunの定義がなくなっているようなので、#if#endifをコメントしてやる。

            apr_os_proc_mutex_t ospmutex;
//#if !APR_HAVE_UNION_SEMUN  ///★コメントアウト!
            union semun {
                long val;
                struct semid_ds *buf;
                unsigned short *array;
            };
//#endif  ///★コメントアウト!
            union semun ick;
            struct semid_ds buf = { { 0 } };

あとは/usr/ports/www/apache24の下でmake installすればビルドは通る。……が、起動しようとするとSegmentation faultで落ちるぅorz。

見た感じdevel/apr1関係のコードのような気がするので、portmaster apr –force-configでaprをリビルド。その後、改めてportmaster apache24 –force-configしたら無事ビルドも通って問題なく起動した。

FreeBSDでmake.confのWITHOUT_MODULEが使えなくなっていた

FreeBSD 11.2-RELEASE-p7でwww/apache24をビルドしようとしたら、下記のエラーが出て処理が止まってしまった。

===>>> Port directory: /usr/ports/www/apache24

        ===>>> This port is marked IGNORE
        ===>>> : Error from apache.mk. WITH(OUT)_MODULES has been removed, use www_apache24_(UN)SET


        ===>>> If you are sure you can build it, remove the
               IGNORE line in the Makefile and try again.

Apacheだけではなく、他のportsでも出るものがあるようだ。

原因はというと、/etc/make.conf内のWITHOUT_MODULE, WITH_MODULEの記述。どうやら、これらオプションは/etc/src.confの方に書くようになったらしい。make.confからsrc.confに移動したら無事makeが通るようになった。

このオプションはカーネル構築に効くもののようなので、いっそ消してしまってもさほど問題ないかもしれない。

FreeBSDのmail/courierが0.65止まりなのは依存パッケージの問題

変人御用達の Courier Mail Serverのバージョンが、9月にめでたく1.0の大台に乗っていた。

その一方、FreeBSDのportsのmail/courierは何年も0.65止まり。メンテ自体は行われていて、0.65.3のまま周辺環境の変更に追従している感じ。なぜ本体のバージョンアップを行わないのか不思議だったんだけど、MLによれば、メンテナが他の件で忙しいのと、0.65より新しいCourierは依存関係が増え、その解消のために新たなportsを作らなきゃならんのが原因らしい。まぁ、その投稿(2014年)から4年が経つわけですがね…。

早く追従してくれないかなー(人任せ

WITH_CHARSET, WITH_XCHARSETを指定するのは止めにしよう

FreeBSDでPrtsからPortsからMySQL/MariaDBを入れる際、よく指定されるオプションにWITH_CHARSET, WITH_XCHARSETがある。調べてみたら、なんとmysql55で廃止されていた。

今まで盲目的に指定していたのだけど、なんとなく気になってググってみても、これぞという解説が見当たらない謎オプション。とりあえずFreeBSD Ports独自のオプションで、日本以外での使用例は殆どない。やむなくportsの更新履歴や8-RELEASE以前の古いportsツリーをあさってみると、mysql51-serverのportsのMakefile(MySQLそのもののMakefileじゃないよ)には以下の記述があるが、mysql55-serverからは消えているという事実が判明。MariaDBはMySQL 5.5からのフォークなので言わずもがなである。

.if defined(WITH_CHARSET) && ${WITH_CHARSET} != ""
CONFIGURE_ARGS+=--with-charset=${WITH_CHARSET}
.endif
.if defined(WITH_XCHARSET) && ${WITH_XCHARSET} != ""
CONFIGURE_ARGS+=--with-extra-charsets=${WITH_XCHARSET}
.endif

御覧の通り、portsのWITH_CHARSET, WITH_XCHARSETオプションは、それぞれMySQLの–with-charset, –with-extra-charsetsオプションに対応している。そして、MySQL 5.5からは–with-charset自体が消えてるっぽい。似た所で–extra-charsetsってのはあるみたいだけど。そして–with-extra-charsetsの方もデフォルト値がallとなったため、ports側から敢えて指定する必要がなくなり、オプションが削除されたのだと思われる。 WITH_CHARSET, WITH_XCHARSET''オプションは、2001年1月25日にmysql323-serverに対する追加が初出のようだ。その時のコミットメッセージは「Add options for alternate charsets (WITH_CHARSET and WITH_XCHARSET).」といったもの。

というわけで、MySQL/MariaDBインストールでWITH_CHARSET, WITH_XCHARSETを付けるのはもう止めよう

参考サイト

start.txt · 最終更新: 2019-08-19 11:45 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0