このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

Windows 7 (64bit版)でalt + spaceでIMEをON/OFFする

前書き

普段Macを使っていると、日本語を打とうとした際Windowsでもついつい “cmd” + space を押してしまい、うがー!!となる。

WindowsでIME切り替えをalt + spaceに割り当てるソフトとしてはCmdSpaceが有名なんだけど、残念ながら64ビット環境では動かない。(正確には64ビットプロセスに対して無力。)

他に解決策が無いものかと試行錯誤して、やっと見つけたのが「AutoHotKey」でカスタマイズする方法。

かなり柔軟な設定が出来る反面、英語なことも相まってとっつき難いので、備忘録を兼ねて解説。

設定方法

インストール

公式サイトから最新版をダウンロードし、インストーラを起動する。


Next


I Agree


何も弄らず Next


Install


Finish

スクリプトの設定

スタートメニューからAutoHotKeyを起動し、タスクトレイのアイコンを右クリック。Edit This Scriptを選ぶ。

AutoHotKey.ahkがメモ帳で開かれる。

下図のように !Space::Send, {vkF3sc029} と書いて保存。
スクリプトの意味を解説すると「alt(!) + スペース(Space) が押されたら(::) 全角/半角キー(vkF3sc029) の情報を送信(Send)」ってこと。

タスクトレイのアイコンを右クリックし、Reload This Scriptを選ぶ。

以上で、alt + spaceでIMEのオンオフが出来るようになるハズ。英語キーボードでも大丈夫やで!(`・ω・´)

実行ファイル配布

ここまで書いたところで気づいたんだけど、スクリプトをexeにして配布出来たのね…(´・ω・`)

てわけで、以下のzipを解凍して実行すれば、何の面倒もなくalt + spaceが使えるようになります。誰かカッコイイアイコン作ってください。

windows/win7_x64_switch_ime_with_alt_space.txt · 最終更新: 2015-01-06 11:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0