最近の変更サイトマップ

メソッドのポインタ

Objective-Cのメソッドのポインタを取得して、メソッドをCの関数として呼び出す事が出来るのだとか。

// イニシャライズ
id obj = [Hogehoge new] ;
// メソッドのセレクタ取得
SEL method = @selector(methodOfHogehoge);
// セレクタからメソッドのポインタ取得
IMP func = [Hogehoge instanceMethodFor:method];<br />
// 関数としてメソッド methodOfHogehoge を実行
func(obj, method);

肝となるのは、instanceMethodFor: メソッド。こいつがセレクタ(メソッドの内部識別子)から、メソッドのポインタを探し出してくれる。その返り値を、IMP型で受け取るとあら不思議、Cの関数呼び出しの形でObjective-Cのメソッドが実行できちゃった。ただし、引数として元のメソッドが含まれるオブジェクトのインスタンスと、メソッドのセレクタを渡してやらないといけない。

とりあえずObjective-Cの勉強は一段落したが、俯瞰してみるとObjective-Cが「Cの枠組みの中でオブジェクト指向を目指した言語」であるということがよくわかる。そのお陰かCの流れを汲んだオブジェクト指向言語であるC++と比べて、言語規模は格段に小さい(と思う)。

表記方法がかなり特殊ではあるが、初心者がオブジェクト指向を学ぶには、Objective-Cは結構いい言語なのでは?と思ったりした。

Comments




blog/2005/2005-09-15.txt · 最終更新: 2015-01-06 11:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0