このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

PlaggerでニコPodを作る

カッとなってiPod touch 16GBを買った。今は超wktkしている──本当に衝動買いでした。俺は悪くありません。ネイティブソフト開発用のSDKを出すなんて言うAppleが悪いんです。まだまだ在庫は沢山あるという大学生協が悪いんです。なーに、nano 8GBを2つ買って16GBにする事を考えたら、touch 16GBだってそんなに高いものじゃありませんよ。うん、そうなんですよ。そうそう。そうじゃないと困ります。………カードの支払いどうしようorz

そんなこんなで買ってしまいました、iPod touch 16GB。

折角動画が見れるんだからと、何かいい活用方法はないかと探していたら、Plaggerというツールを使う事でニコニコ動画の動画を自動で取り込めるらしいです。「自動」ってのがとても素晴らしいです。という訳で早速、ニコニコ動画ランキング取込システム、その名も「ニコPod」を構築してみました。

インストール

PPC Mac mini 1.4GHz(M9687LL/A)+ Mac OS X v10.4.10上に構築しました。

インストール方法は「ニコニコ動画からPlaggerでPodcastを作りiTunesで見たいゼ」で丁寧な解説がなされているので、この通りに進めて行きます。ただし、設定ファイル(.yaml)には独自のものを用い、その関係でFilter::FFmpegへのパッチも独自のものを当てます(後述)。また、二コPlaTunesの補足DB_File_URL.pm関連の設定も一緒に行います。

FFmpegは、上記サイトで紹介されているバイナリではなく、MacPortsでビルドしたものを用いました。

設定ファイル

global:
    assets_path: assets/
plugins:
  - module: Subscription::Config
    config:
      feed:
       - url: マイリストのアドレス
  - module: Filter::FetchNicoVideo
    rule:
      - module: RecentN
        count: 10
      - module: Deduped
        engine: DB_File_URL
        path: /Users/Decomo/Sites/nicopod/nicoPod.db
    config:
      mail: アカウント
      password: パスワード
      id_as_filename: 1
      dir: /Users/Decomo/Sites/nicopod
  - module: Filter::FFmpeg
    config:
      dir: /Users/Decomo/Sites/nicopod
      ext: MP4
      command: /opt/local/bin/ffmpeg
      encoding: utf8
      option_string: '-y -threads 2 -s <size> -r 29.97 -vcodec h264 -g 500 -aspect <aspect> -level 13 -loop 1 -sc_threshold 800 -flags loop+qpel -flags2 bpyramid+wpred+mixed_refs+brdo -trellis 2 -subq 6 -me umh -partitions parti4x4+parti8x8+partp4x4+partp8x8+partb8x8 -rc_eq blurCplx^(1-qComp) -refs 6 -mbd 2 -cmp 2 -subcmp 2 -b 10k -minrate 0 -qmax 27 -qmin 20 -acodec aac -ar <ar> -ac <ac> -ab 128k'
  - module: Filter::RewriteEnclosureURL
    config:
      rewrite:
        - local: /Users/Decomo/Sites/nicopod
          url: http://Freyja.local/~Decomo/nicopod
  - module: Publish::Feed
    config:
      dir: /Users/Decomo/Sites/nicopod
      filename: _nicoPod_weeklyAddCount.xml
      format: RSS

お手本とした設定ファイルと比べて、特にFFmpegのエンコードオプションにかなり手を加えています。画質重視の設定なので、PPC Mac miniには結構荷の重い仕事です。エンコード所要時間は実時間の2.5〜4倍と言った所です。

注意点として、iPod touch(現時点での動画対応iPod全て)のH.264はベースプロファイルなので、BフレームとCABACが使えません。つまり、-bfオプションと-coder 1を指定しても、再生出来ない動画になってしまいます。また、最大参照フレーム数(-refs)は6が最大です(これより大きい値だとブロックノイズが出ます)。しかし、BフレームとCABACが使えないH.264なんてゴm(ry

FFmpegのバージョンによって、ビットレート指定の単位が違います。昔はkbpsだったのですが、最近はbpsになったようです。SVN-r9102ではkbpsでした。

Filtter::FFmpegに手を入れる

可能な限り小さい容量で高品質を目指すべく、Filter::FFmpegに手を入れます。

はこべにっき#さん作のパッチは、動画のアスペクト比によって出力動画サイズを640×480と640×360に切り替えていますが、ニコニコ動画の最大サイズは512×384なので、そのサイズで出力しても旨みがありません。

ここではiPod touchの画面解像度に合わせて、アス比が4:3の時は432×320、16:9の時は480×272で出力する事にします。

また、元動画の音声トラックの仕様(サンプリング周波数/チャンネル数)をそのまま継承して、音声のエンコードを行うようにしました。まぁ、これは気休め程度です。本当は元のビットレートを元に、エンコードのビットレートを変えたかったのですが、生憎、元ビットレートを取得する手段が無いようなので……。

差分:FFmpeg.diff はこべ日記さんの差分も取り込んであるので、FFmpeg.pmにそのまま適用する事が出来ます。

    はこべ日記さんのパッチからの変更点
  • 出力動画サイズの変更:4:3→432x320、16:9→480x272、元が320x240だったらそのまま
  • 出力音声のサンプリング周波数とチャンネル数を、元動画の音声のそれを継承するようにした

cronの設定

自動的に動画の取得&変換が行われるように、cronの設定を行います。Tigerなので本来ならばlaunchdを使うべきなのでしょうが、詳しい設定方法が分からなかったのでcronに逃げました:-)。参考までに、私の設定を晒しておきます。

0       2       *       *       1-6     /Users/Decomo/Tools/plagger/nicoPodDailyUpdate.sh
0       2       *       *       0       /Users/Decomo/Tools/plagger/nicoPodWeeklyUpdate.sh

まとめ

全て上手く行けば、iTunesにPodcastとして動画を取り込め、それを転送すればiPod touchで見る事が出来ます。

私は、週間マイリスト登録数TOP10の動画を自動的に取得&変換するようにしています。これで流行りの動画チェックもバッチリです。

生成した動画は、動画の内容にもよりますが、元ファイルと比べて150〜200%ほどの大きさになる事が多いようです。品質犠牲にすればより小さくすることも可能ですが、私的には今以上の品質低下は避けたい所です。欲を言えばもう少し画質を上げたいのですが、容量とのトレードオフを考えると、今の設定が丁度いいかなと。

参考サイト

Comments




blog/2007/2007-10-20.txt · 最終更新: 2015-03-14 04:44 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0