このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

FreeBSDの環境そのままにCPU代えたらIllegal instructionでまくり

ASRock C2750D4Iは8コアAtom C2750搭載でSATAポートが12個もある、正にファイルサーバにうってつけのマザボである。Mini-ITXながら通常サイズのDDR3 DIMMが4本刺さり、やろうと思えば16GBモジュール×4で64GBものメモリが積めるのも素晴らしい。これまた大食漢のZFSにおあつらえ向きの仕様で、加えてIPMIでリモートで電源ON/OFFやBIOSがいじれたりして、刺さる人には刺さりまくりの素敵ママンだ。流石は変態紳士ASRock。

発売当初から目は付けていたものの、4万後半という値段に手が出せないまま円安と増税の影響で更に値上がりし、もう買えない…と諦めかけていたその時!偶然、JMC DirectでB級品が35000円弱で売られているのを見つけてしまったので光速でポッチッチ。

家鯖のFreeBSD 10.1-RELEASE環境はそのままに、早速Z77A-GD65 + Xeon E3-1260Lと入れ替えてみたところ、難なく動いた。

……と思ったのも束の間、portsで入れたソフトが軒並みIllegal instructionで落ちまくる!CPUTYPE?=nativeでコンパイルしたバイナリなので、Avotonじゃ実行できない命令が生成されてるんだろう。SandyBridgeからのグレードダウンとはいえ、同時期のCPUで実行できないほどのアグレッシブなコードを吐くclang先輩マジぱねっす。C2750用にビルドし直そうとしても、これまた軒並みIllegal instructionで落ちまくり。ツールチェイン、お前らもか……。たかがgmakeですら超最適化してくれるclang先輩マジ(ry

怪しそうなportsを片っ端からリビルドしたり、gdbで落ちてるライブラリを探ったり、どうしても分からん時はpackagesに逃げたりして何とか再構築できた。最適化ビルドも考えものだな…。少なくともカーネルを再構築する時は、無難な最適化オプションにしないと泣きを見そう……。そのためのCPUTYPE?なんだろうし(?付きの方はカーネル構築時には適用されないらしい)。

Comments




blog/2015/2015-09-24.txt · 最終更新: 2016-06-01 12:26 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0