最近の変更サイトマップ

EmacsのTRAMPのrgrepでfind: paths must precede expression: ^^!^が出るようになった顛末

Windows 10 + PuTTY(plink) + Emacs 26.1な環境でLinuxターゲットのSSH TRAMPがいい感じに使えてたんだけど、PuTTYをmsys2のものに置き換えたら、rgrepが「find: paths must precede expression: ^^!^」なるエラーを吐いて使えなくなってしまった。これじゃ仕事にならん!ってなもんで前のPuTTYに戻したものの状況は変わらず…オワタ\(^o^)/

とりあえずemacs/share/emacs/26.1/lisp/progmodes/grep.el.gzの1153行目付近、-prune -o(shell-quote-argument “!”)から文字列を結合してるあたりを削り、M-x byte-compile-file grep.el.gzして、超無理やり解決した。

同様の問題が起きた時の参考として、解決に至るまでの顛末をメモ。

  • lgrepやgrep-findは動くのでrgrepの問題と判断。
  • エラーメッセージと*grep*バッファのコマンドログから -prune -o ^“^!^” -type d あたりが怪しいと判断。実際、^“^!^”の先頭のサーカムフレックスは引数の文字としておかしくない?
  • M-x describe-function rgrepでrgrep関数の定義を探す→grep.el.gzと判明
  • ファイル内を「rgrep」をキーワードに流し読み。rgrep-default-command関数で実行するコマンドを組み立ててる予感!
  • 一応scratchバッファで(rgrep-default-command “XXX” “YYY” “ZZZ”)を実行して結果を見てみる→あたり!
  • rgrep-default-command関数の中で「!」を使ってるところを探す→(shell-quote-argument “!”)発見
  • scratchバッファで評価してみる→変なエスケープのされ方をされている!
  • 「!」は結合しない方向で、findの引数の関係が正しくなるように前後の処理を調整
  • M-x byte-compile-file grep.el.gzしてEmacs再起動
  • rgrepが使えるようになっていることを確認

根本原因はshell-quote-argumentの挙動が変わった(?)ことっぽいけど、なぜ変わったのかは不明のまま。PuTTYを差し替えたこと以外、何もいじってないはずなんだけどな…。

同様にshell-quote-argumentの実装を見てみても、OSによって処理を分岐させてるだけで変なところはない。……ん?待てよ、TRAMPの場合はOSはどういう扱いになるのこれ?ちゃんとリモート側のシステムにあわせてsystem-typeの中身が変わるのこれ…?

2018-12-04 追記

サーカムフレックスはコマンドプロンプトでのエスケープシーケンスらしいので、TRAMPしてるにもかかわらずshell-quote-argumentがWindows用の挙動を示すのが根本原因のようだ。

先の回避策では除外ディレクトリの指定が効かなくなってしまうので、grep.el.gzの1153行目あたりを以下のように変更した。

    (and grep-find-ignored-files
         (concat (shell-quote-argument "!") " -type d "

    (and grep-find-ignored-files
         (concat " '!' -type d "

FreeBSDのmail/courierが0.65止まりなのは依存パッケージの問題

変人御用達の Courier Mail Serverのバージョンが、9月にめでたく1.0の大台に乗っていた。

その一方、FreeBSDのportsのmail/courierは何年も0.65止まり。メンテ自体は行われていて、0.65.3のまま周辺環境の変更に追従している感じ。なぜ本体のバージョンアップを行わないのか不思議だったんだけど、MLによれば、メンテナが他の件で忙しいのと、0.65より新しいCourierは依存関係が増え、その解消のために新たなportsを作らなきゃならんのが原因らしい。まぁ、その投稿(2014年)から4年が経つわけですがね…。

早く追従してくれないかなー(人任せ

InnoDB File-Per-Tableモードではinnodb_data_home_dirは無視される

MySQL/MariaDBにinnodb_data_home_dirというシステム変数がある。InnoDBのデータファイル置き場を明示する変数だが、InnoDB File-Per-Tableモードでは指定値が無視される。File-Per-Tableモードとは、InnoDBのテーブル毎にファイルを作成するモードの事でinnodb_file_per_table変数で制御可能である。MySQL 5.6.6以降でデフォルト有効になったため、innodb_data_home_dirは事実上意味がなくなってしまった。

よって、File-Per-TableモードではZFSのrecordsizeprimarycacheをストレージエンジン毎に最適化する、という手法が取りにくくなった。(DBごとにフォルダが作成され、その中にInnoDBやMyISAMのファイルが混在することになるため。)自分のメモも兼ねて最適とされるパラメータを下表にまとめる。

ストレージエンジン recordsize primarycache
MyISAM 8kBall
InnoDB(データ) 16kBmetadata
InnoDB(ログ) 128kBmetadata

参考サイト

FreeBSD/MySQLのWITH_CHARSET, WITH_XCHARSETはもう止めよう

FreeBSDでPortsからMySQL/MariaDBを入れる際、盲目的に指定するオプションにWITH_CHARSET, WITH_XCHARSETがある。Ports独自のオプションで、しかも日本以外での使用例が殆なく、これぞという解説も見当たらない。仕方ないのでportsの更新履歴や8-RELEASE以前の古いportsツリーを調査してみたところ、なんとmysql55で廃止されてるっぽい。

mysql51-serverのportsのMakefile(MySQLそのもののMakefileじゃないよ)には以下の記述があるが、mysql55-serverからは消えているのだ…!MariaDBはMySQL 5.5からのフォークなので言わずもがなである。

.if defined(WITH_CHARSET) && ${WITH_CHARSET} != ""
CONFIGURE_ARGS+=--with-charset=${WITH_CHARSET}
.endif
.if defined(WITH_XCHARSET) && ${WITH_XCHARSET} != ""
CONFIGURE_ARGS+=--with-extra-charsets=${WITH_XCHARSET}
.endif

見ればわかるが、portsのWITH_CHARSET, WITH_XCHARSETオプションは、それぞれMySQLの–with-charset, –with-extra-charsetsオプションに対応している(正確には“していた”)。そして、MySQL 5.5からは–with-charset自体が消えてるっぽい。–extra-charsetsってのはあるみたいだけど。–with-extra-charsetsの方もデフォルト値がallとなり、ports側から敢えて指定する必要性もなくなったのだと思われる。

WITH_CHARSET, WITH_XCHARSETオプションは、2001年1月25日にmysql323-serverに対する追加が初出のようだ。その時の更新メッセージは「Add options for alternate charsets (WITH_CHARSET and WITH_XCHARSET).」といったもの。

というわけで、MySQL/MariaDBインストールでWITH_CHARSET, WITH_XCHARSETを付けるのはもう止めよう

参考サイト

FreeBSD 11.2-RELEASEでZFSのトップレベルvdevの削除機能が取り込まれてた

OpenZFS Developer Summit 2018を眺めてたら、Device Removalなるスライドを発見。タイトルの通りvdevの取り外しに関する機能である。

ご存知の通りZFSでは、一度プールに組み込んだデバイスの削除に非常に厳しい制約がある。プールのスケールアップは極めて容易な一方、スケールダウンは事実上不可能だった。しかしDevice Removalによって、ミラー構成のvdev限定ではあるものの削除が可能となる。

嬉しい人には嬉しいと思われるこの機能、なんとFreeBSD 11.2-RELEASEで既に取り込まれてた。11.2Rのmanから説明を引用してみる。

Removes the specified device from the pool. This command currently only supports removing hot spares, cache, log devices and mirrored top-level vdevs (mirror of leaf devices); but not raidz.

スライドの方にしか書いてないけど、この機能でミラー構成トップレベルvdevを削除するには、各vdevのashiftが同量じゃないと駄目らしい。ashiftはvdev単位での設定なので、デバイス追加時は注意が必要。

RAID-Zでも使えるようになってほしいけど、実装面ではRAID-Z Expansion頼みかしら…?こっちの進捗具合はどうなってんだろうなー。去年のちょうど今ごろRAID-Z Expansionに関する記事を書いたものの、とんと続報がない。FreeBSD 12で実装見込みとのことだったが、十中八九間に合わないだろうなー。現時点で12.0Rは12月頭のリリース予定だし…。

start.txt · 最終更新: 2016-05-07 17:46 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0