最近の変更サイトマップ

FreeBSD 12.0-RELEASEのデフォルトのPerlをPerl 5.28に直す

FreeBSD 12.0-RELEASEに更新後、Samba 4.8を更新しようとしたら怒られた。

# portmaster samba48

===>>> Currently installed version: samba48-4.8.5_1
===>>> Port directory: /usr/ports/net/samba48

        ===>>> This port is marked IGNORE
        ===>>> Invalid perl5 version 5.24


        ===>>> If you are sure you can build it, remove the
               IGNORE line in the Makefile and try again.

Perl 5.24は不適切とな。例によって

/usr/ports/UPDATING

を見てみると、システムデフォルトのPerlバージョンは5.26 (20180330)を経て今は5.28(20181213)となっている模様。

20161103の記述に従い、Perlのバージョンを更新する。

まずは/etc/make.confDEFAULT_VERSIONS+= perl5=5.28を追加。

# echo 'DEFAULT_VERSIONS+=  perl5=5.28' >> /etc/make.conf

Perl 5.24を5.28で置き換える。

# portmaster -o lang/perl5.28 lang/perl5.24

正常に終了したら、上記DEFAULT_VERSIONSは消しておk。

そののち、Perl 5.24の共有ライブラリに依存するパッケージを更新。

# portmaster -f `pkg shlib -qR libperl.so.5.24`

p5-なパッケージも更新しといた方が安全かも?

# portmaster p5-

これで無事Samba 4.8のビルドが通った。

Comments




blog/2019/2019-05-29.txt · 最終更新: 2019-05-29 09:55 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0