このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

FreeBSDにConnectXのユーティリティを入れるとファイル所有者が書き換えられる?

FreeBSD 12.0-RELEASEへの更新作業時に発覚した、システム系ディレクトリの所有者が謎の6151に書き換わってる問題の続き。

こんな感じでユーザーデータ置き場以外でroot以外が所有者のディレクトリを列挙してみた。

# find / -type d ! -uid 0 ! -path "*/home/*" ! -path "*/zdata/*" ! -path "*/zbackup/*" -print0 | xargs -0 stat -f "%u %g %N" | tee ~/non_root_owner_dirs.txt

すると、以下のディレクトリの所有者が6151になっていた。

6151 0 /etc
6151 0 /etc/mft
6151 0 /etc/mft/fwtrace_cfg
6151 0 /usr
6151 0 /usr/bin
6151 0 /usr/include
6151 0 /usr/lib
6151 0 /usr/lib/bash_libs
6151 0 /usr/lib/mft
6151 0 /usr/lib/mft/mtcr_plugins
6151 0 /usr/lib/mft/python_tools
6151 0 /usr/lib/mft/python_tools/mlxmcg
6151 0 /usr/lib/mft/python_tools/mst
6151 0 /usr/lib/mft/python_tools/mstdump
6151 0 /usr/lib/mft/tcl
6151 0 /usr/lib/mft/tcl/bin
6151 0 /usr/lib/mft/tcl/lib
6151 0 /usr/lib/mft/tcl/lib/tcl8.4
6151 0 /usr/share
6151 0 /usr/share/man
6151 0 /usr/share/man/man1
6151 0 /usr/share/mft
6151 0 /usr/share/mft/mlxconfig_dbs
6151 0 /usr/share/mft/mstdump_dbs

これらディレクトリの中を覗いてみると、いくつかのファイルも6151になっている。そして6151のやつらの大半の最終更新日が2018年11月23日だった。

書き換わってるファイル達と更新日から察するに、どうもConnectX-3のユーティリティのインストールが原因のような気がする。頼むよMellanoxさん…。

幸い、6151以外に怪しい所有者は見当たらなかったので、以下のコマンドで所有者をrootに戻して一件落着(元の所有者が本当にrootだったかどうかの確証はないけど…)

# find / -uid 6151 ! -path "*/home/*" ! -path "*/zdata/*" ! -path "*/zbackup/*" -print0 | xargs -0 chown root

Comments




blog/2019/2019-05-30.1559184078.txt.gz · 最終更新: 2019-05-30 02:41 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0