このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

世界最安の40GbE対応スイッチCRS326-24S+2Q+RMがやってきた!

真っ当な流通ルートで購入できるものでは世界最安1)と思われる40GbE対応スイッチ、CRS326-24S+2Q+RMがやってきた!流石は俺たちのMikroTik!!とかいいつつ、同社の製品を買うのは初めてだったりする。

このページに辿り着くくらいの人には釈迦に説法だろうけど、CRS326-24S+2Q+RMは10ギガビット対応のSFP+ポートを24個、加えて40ギガビット対応のQSFP+ポートを2つ備えながら499ドルという超破格を実現した頭おかしいスイッチである。普通に考えたら499ドルは結構な額だが、この性能でこの額は本当に価格破壊もいいところ。しかもEuroDKでは384ドルで売ってる()。マジでありえん。

というわけで誘惑に勝てずに買ってしまった。8/22(木)に注文して26(月)に配達される40GbE顔負けの高速配送っぷりだったけど、結局受け取りは週末までお預け。送料やら消費税やらで、最終的に448ドル+1900円となった。

設置場所の問題やらMPOケーブル不足やらで本格的には試せてないが、ひとまず下表環境のiperf3 (MTU=1500)で28Gbpsほど出ることは確認。

サーバ クライアント
OS FreeBSD 11.2-RELEASE (x64) Windows 10 Pro. (x64)
M/B Supermicro X10DRi MSI X370 SLI PLUS
CPU Xeon E5-2648L v3 @1.8GHz Ryzen 7 1700 @3.0GHz
RAM Registered DDR4-2400 16GB×4 (2133MHz駆動) DDR4-2666 16GB×4
NIC ConnectX-3 Pro EN (PCIe 3.0x8)

使われてるスイッチチップは98DX8332っぽい。明言はされてないけど、2.5GbE/5GbEにも対応してる予感…?ポートの速度設定画面にチェックボックスがあるんですけど……。

OSはRouterOSとSwOSのデュアル対応なので、一応L3の処理も可能。だけどスイッチチップで処理できないものはCPU処理となるうえ、内部リンクは1Gbpsなので折角の性能が死ぬ。なので素直にL2スイッチとして使うか、軽めのフィルタでWANを受けるとかに留めるのが吉。幸い10Gポートは腐るほどあるからLAG組んでL3処理は上位ルータに投げてしまえばいいかと。AT-x510-28GTXも泣いて喜ぶね!

ざっくり消費電力は以下の通り。

状況 消費電力
待機(SFPモジュールは一切挿してない状態) 13W
待機(40GBASE-SR4×2でリンクアップ) 15~16W
40GBASE-SR4でiperf実行 17W

出荷時のRouterOSバージョンではファンが結構うるさいが、6.45.5に更新したらかなり静かになった。基本は停止、内部温度に応じて回転数可変のなかなかアグレッシブな制御をしてくれるようになる。消費電力とあわせて一般のご家庭にも大変やさしい仕様と言える。ありがとうMikroTik。なお、回転時はそれなりに音がする。風切り音よりファン自体の回転音が大きい感じ。個人的には許容範囲内だけど気になる人は気になると思われる。

1) 2019年9月4日現在

Comments




blog/2019/2019-09-04.txt · 最終更新: 2019-09-07 18:49 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0