最近の変更サイトマップ

FreeBSDでi7zを使ってCPUのCステートを見る

portsのsysutils/i7zを使うとCPUコア毎の周波数、詳細なCステート、温度をリアルタイムで確認することが出来る。省電力設定してみたものの、本当に効いてるかどうか確認したい時にとても便利。

試した環境

  • FreeBSD 10.1-RELEASE-p10
  • i7z 0.27.2
  • Intel(R) Atom C2750

名前の通りIntelのCPUでしか使えない(AMDは動作未確認。そもそも仕様として詳細なCステート情報が取れなかった気がする)。また、Core-i系向けとなっているが、うちのAtom C2750でも動作しているのでNehalem以降のIntel CPUなら基本大丈夫なんじゃなかろうか。

インストール

portmaster sysutils/i7z

実行

# i7z

↓のような感じでモニタリングでき、しっかりとC6ステートまで落ちていることが分かる。

manを見るとファイルにログを取ったりも出来る模様。

sysctl dev.cpu.0.cx_supported dev.cpu.0.cx_usageとすれば同様の情報が見られはするが、i7zの方が詳細かつ分かりやすいのでオススメ。

freebsd/freebsd_i7z.txt · 最終更新: 2017-05-30 16:46 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0