このページの翻訳:
ソースの表示
管理最近の変更サイトマップ

Proxmox VE 6.3でPCIパススルーあれこれ

試した環境

  • Proxmox VE 6.3-3
    • ZFSルート環境
  • Supermicro X10DRi
  • Xeon E5-2673v3×2

PCIパススルーの有効化

IOMMUの有効化

本ページでもPCIパススルーのあれこれを長々と書いているが、PCIパススルー有効化の肝はIOMMUの有効化である(もちろんVT-dを有効化しとくといった前提はあるけど)

カーネルコマンドライン/etc/kernel/cmdlineintel_iommu=on iommu=ptを追加し、pve-efiboot-tool refreshを実行する。

# cat /etc/kernel/cmdline
root=ZFS=rpool/ROOT/pve-1 boot=zfs intel_iommu=on iommu=pt
# pve-efiboot-tool refresh
unning hook script 'pve-auto-removal'..
Running hook script 'zz-pve-efiboot'..
Re-executing '/etc/kernel/postinst.d/zz-pve-efiboot' in new private mount namespace..
Copying and configuring kernels on /dev/disk/by-uuid/D067-47DC
        Copying kernel and creating boot-entry for 5.4.78-2-pve

なお、AMDプラットフォームの場合はintel_iommuの代わりにamd_iommuを使う。

また、ZFSルートシステム以外では/etc/default/grubGRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULTに上記のパラメータを追加し、update-grubを実行する。

Interrupt Remappingの確認

システムがIRQリマッピングに対応してるか確認する。

起動メッセージ内にremapping enabled的なログがあればOK。

# dmesg | grep remapping
[    1.736785] DMAR-IR: Queued invalidation will be enabled to support x2apic and Intr-remapping.
[    1.737508] DMAR-IR: Enabled IRQ remapping in x2apic mode

ない場合はallow_unsafe_interruptsを設定すればいいらしい。

# echo "options vfio_iommu_type1 allow_unsafe_interrupts=1" > /etc/modprobe.d/vfio.conf

有効化の確認

一度システムを再起動し、起動メッセージ内にIOMMU enabledがあることを確認する。

# dmesg | grep -e DMAR -e IOMMU -e AMD-Vi
[    0.014749] ACPI: DMAR 0x0000000079D90148 000128 (v01 ALASKA A M I    00000001 INTL 20091013)
[    0.950958] DMAR: IOMMU enabled
(中略)
[    1.734769] DMAR-IR: Queued invalidation will be enabled to support x2apic and Intr-remapping.
[    1.735497] DMAR-IR: Enabled IRQ remapping in x2apic mode
[    3.273462] DMAR: dmar0: Using Queued invalidation
[    3.273479] DMAR: dmar1: Using Queued invalidation
[    3.295150] DMAR: Intel(R) Virtualization Technology for Directed I/O
[    3.421919] ehci-pci 0000:00:1a.0: DMAR: 32bit DMA uses non-identity mapping
[    3.539671] ehci-pci 0000:00:1d.0: DMAR: 32bit DMA uses non-identity mapping

VFIO

VFIOはユーザースペースからデバイスを操作するためのフレームワークである。PCIパススルーにおいては、ホストからデバイスを分離するのに用いられる。

モジュールの読み込み

/etc/modulesにVFIOモジュールを記述する。

vfio
vfio_iommu_type1
vfio_pci
vfio_virqfd

initramfsの再構築と確認

カーネルモジュール関連の変更を行った際は、忘れずにinitramfsを再構築し、マシンを再起動する。

# update-initramfs -u -k all
# reboot

再起動後、lsmodで関連モジュールが出てくればOK

# lsmod | grep vfio

デバイスの指定

ホストから分離するPCIデバイスをベンダーIDとデバイスIDのペアで指定する。

パススルーデバイスへのVFIOの適用は、仮想マシンの起動時に自動的に行われるため、基本的には対象デバイスを明示する必要はないようだ。一方で、ホスト側のドライバが一度でも適用されると具合の悪いデバイスでは、あらかじめVFIOが適用されるよう明示する必要があるっぽい。(ぶっちゃけGPUのことなんですけどね。少しずつ状況は変わっているようだけど。)

対象デバイスの確認

ベンダIDとデバイスIDはlspciコマンドで確認する。

# lspci -nn | grep SATA
00:11.4 SATA controller [0106]: Intel Corporation C610/X99 series chipset sSATA Controller [AHCI mode] [8086:8d62] (rev 05)
00:1f.2 SATA controller [0106]: Intel Corporation C610/X99 series chipset 6-Port SATA Controller [AHCI mode] [8086:8d02] (rev 05)

行末の 8086:8d62 というのがそれ。

■confファイルに記述する場合
/etc/modprobe.d/vfio.confに以下の行を追加。複数のデバイスを指定する場合はコンマでつなぐ。

options vfio-pci ids=ベンダID:デバイスID

■カーネルコマンドラインに記述する場合
/etc/kernel/cmdlineにvfio-pci.ids=vvvv:ddddの一節を追加する。

root=ZFS=rpool/ROOT/pve-1 boot=zfs intel_iommu=on iommu=pt vfio-pci.ids=vvvv:dddd

IOMMUデバイスグループ

PCIパススルーしたいデバイスのIOMMUグループを確認する。

パススルーはIOMMUグループ単位で行われるため、対象デバイスと同一グループの不必要なデバイスも一緒にパススルーされてしまう。

シェルから確認する場合は以下のような感じで。

# find /sys/kernel/iommu_groups/ -type l | sort
...
/sys/kernel/iommu_groups/40/devices/0000:00:1d.0
/sys/kernel/iommu_groups/41/devices/0000:00:1f.0
/sys/kernel/iommu_groups/41/devices/0000:00:1f.2
/sys/kernel/iommu_groups/41/devices/0000:00:1f.3
/sys/kernel/iommu_groups/42/devices/0000:01:00.0
...

IOMMUグループの変更はデバイスを取りつけるPCIeスロットを変えるのが基本だが、どうにもならない時はACSオーバーライドを使う。

カーネルの起動パラメータにpcie_acs_override=paramを追加して再起動。

id:vvvv:dddd
downstream
multifunction

上手くいけば下図のようにIOMMUグループが分離される。でも、必ずしも分離できるとは限らないので、その時は諦めるしかない。

雑多なメモ

  • PVE 6.2ではVFIOがカーネルに内蔵されてたようで、/etc/modulesをいじらなくても使えてた気がする。
    • modulesに書いても書かなくても、lsmodにvfio関連モジュールは出てこなかった。
    • このせいで/etc/modprobe.dのconfファイルでのデバイス指定が効かず、カーネルコマンドラインで指定しないとダメだった記憶。

参考サイト

virtualization/proxmox_ve_6_3_pci_passthrough_tips.txt · 最終更新: 2021-01-14 02:26 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0