最近の変更サイトマップ

VIA C3とFreeBSDで作るサーバ

以前にもそんなことをしていたが、1から構築し直したので、その辺の備忘録。

■OS

(2006/ 3/14)

FreeBSD 6.0-RELEASEをインストール。

■Samba

(2006/ 3/14)

portsからSamba 3.0.21bをインストール。/etc/rc.confに「samba_enable=“YES”」を追加しないと、手動起動すらできないみたいなので要注意(かなりハマった)。

■iTunesサーバ

(2006/ 3/15)

mt-daapdを使って実現する。

最新版はiTunes 6.0.4に対応した0.2.4だが、portsのは0.2.3だった。

ここは0.2.4を手動インストールと行きたいが、依存関係を解決するのも面倒だし、かといって0.2.3ではiTunes 6.0.4に対応できない。というわけで、portsの0.2.3なソースを0.2.4なソースに差し替えてしまうという、かなり行儀の悪い方法で対処。

  1. portsからmt-daapd 0.2.3をmake install。そしてすかさず make deinstall。
  2. mt-daapd 0.2.4のソースを適当な場所に展開。
  3. ついでに文字化け対策用のパッチをあてる。
  4. configure.inの「-lgdbm」となっている適当な箇所を、「-lgdbm -liconv」に書き換える(パッチをあてるとlibiconvが必要になる為。もっとスマートな方法があるとは思うが、やり方知らない…^^;)
  5. portsのwork/src/mt-daapd-0.2.3以下を、展開したディレクトリの中身で丸ごと置き換え。
  6. make install

Comments




blog/2006/2006-03-14.txt · 最終更新: 2015-01-06 11:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0