最近の変更サイトマップ

リモートデスクトップの反応が鈍く描画がカクつく問題を直す

会社のMac(Mountain Lion)から隣に鎮座してるWindows 7にMicrosoft Remote Desktopで繋ぐと、操作に対する反応がワンテンポ遅れ、画面の描画も超遅い現象にずっと悩まされていた。アナログ56k時代の巨大画像読み込み(ツッ・・ツッ・・ツッっていうアレ)を彷彿とさせる遅さ。接続条件は遥かに悪いハズの、インターネット越しの自宅鯖の仮想マシン上のWin 7に繋いだ時の方が快適という酷さ&謎っぷり。

で、やっとこの問題を解決出来た。

デバイスマネージャのネットワークアダプタの詳細設定で一括送信を無効にすると直る。NICの種類によってプロパティ名が違うのが厄介と言えば厄介。たとえば、Realtekなら「一括送信オフロード」だし、Intelなら「大量送信オフロード」って具合。とにかく、巨大データを一気に送る風な名前のプロパティだ。

ふと思ったんだけど、このプロパティってネトゲの通信に影響及ぼしたりしないのかなぁ。こいつに引っかかると、かなりのラグが発生するため、リアルタイム性を要求されるゲーム(FPSとか)では、かなり不利になりそうなもんだけど…。“大量送信”という名前から察するに、データ量が少なければ問題ないのかしらん。

Comments

WAN経由で特定のRDTが非常に遅くかくつく等同様な現象でたどりつきました。

>Intelなら「大量送信オフロード」こちらが私の場合オフになっていたのですがONにしたところかくつきがなくなり動作がスムーズになりました。

結果として逆でしたが助かりました。情報ありがとう ございます。

以前ホストPCが正常にシャットダウンせずに終了しWOL等の設定も飛んでいたのでそのせいでアダプタの設定がおかしくなっていたのかもしれません。

1 |
NSS
| 2014-10-14 09:38 | reply

@NSS: お役に立てたようで何よりです。

当方でもオフロードが有効で何の問題もない事が殆どなので、ネットワーク環境やOSの状態などに依存するんでしょうね。検索ログを見てると同様の問題で苦労されてる方が結構いらっしゃるようで、もうちょっと何とかならんものかと思います。

2 |
Decomo
| 2014-10-22 12:41 | reply



blog/2014/2014-02-20.txt · 最終更新: 2015-01-06 11:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0