最近の変更サイトマップ

モダンタイムス

大手スーパーを中心に、お釣りの硬貨を自動的に吐き出すレジをしばしば見かけるようになった。 ここ最近で一気に普及してきているように思うが、俺はこのタイプのレジが大っ嫌いだ。

理由は簡単。「人間が機械に使われている」からだ。

レジの人は客からの代金をレジの貨幣挿入口に入れる。それから、しばしの間(ま)。 機械様が絶対に間違う事のない勘定をする。 その後、機械様が吐き出した釣り銭をレジの人がレシートと共に客に渡して終わり。

何なんだ、この状況。

将来、コンピュータ開発関連の仕事に就きたいと思っている俺としては、人間がコンピュータの都合に合わせるという状況だけは、絶対に作り出してはならないと思っている。 コンピュータの血も涙も無い挙動と人間のファジーな挙動を繋ぐのが、技術者の使命だと思っている。

とまぁ、自動レジが嫌いなのは信条に因る所が大きいのだが、現実問題としてヤツは遅いんだよね。

例えば、990円の買い物をして1000円札を出す。 お釣りは言わずもがな10円で、人間の対応だと10円玉1枚をキャッシャーから取り出して、レシート不用ならお金だけ渡して終わり。

ところがヤツを通すと、何やらガシャンガシャンと唸って、10円玉とレシートがセットで出てくる。何で10円玉1枚を貰うのに、こんなに時間をかけなきゃならんのだと。

まして、人間だったら状況に応じた「予測」が出来る。

この例ならば「客は1000円札を出すだろう→お釣りは10円だ」という感じだ。予測が的中すれば、レジで1000円と打ち込むのとほぼ同時に10円玉を手にする事が可能だ。

ここまでくると、釣り銭を渡すだけでも随分と時間差が生まれる。レシートが要らない人だったら、尚更である。

店側としてはレジでの現金誤差を抑えたいという思いなんだろうが、客、というか俺から言わせてみれば、あのレジは不快でしょうがない。 もう少し、見えない部分での、店の快適度というかそういうものを考えてもらいたいと思う。

FreeBSD de Folding@Home

Folding@Homeとは、アルツハイマー病・狂牛病・癌などの原因となる、異常タンパク質を解析・研究する分散コンピューティングプロジェクトのことである。語弊を恐れずに言えば、世界中のPCの余剰能力を、先に上げた病気の研究に役立てよう、というプロジェクトである。

(少なくともうちの)常時起動サーバなんて、その殆どがアイドル状態のようなものなので、折角だから解析に参加させてみた。

FreeBSD用のバイナリは用意されていないが、Linuxエミュレータを用いる事でLinux版を使う事ができる。本記事は、その導入手順の備忘録。

Linuxエミュレータのインストール

portsからlinux_base-rh-9を入れる(linux_base-8相当の機能があれば、多分大丈夫?)。

$ cd /usr/ports/emulators/linux_base-rh-9
# su
# make install clean

Linuxエミュレータ機能を有効にするため、/etc/rc.conf、/etc/fstab、/compat/linux/etc/fstab それぞれに以下を追加し、再起動。

/etc/rc.conf

linux_enable="YES"

/etc/fstab

linprocfs     /compat/linux/proc     linprocfs     rw     0     0

/compat/linux/etc/fstab

proc     /proc     proc     rw     0     0

Folding@Homeクライアントのインストール

プロジェクトダウンロードページから、Linux Consoleを取ってくる。ここでは5.04betaを利用し、~/Applications/Folding に入れる事にした。

$ mkdir ~/Applications/Folding
$ cd ~/Applications/Folding
$ fetch http://www.stanford.edu/group/pandegroup/release/FAH504-Linux.exe

Folding@Homeの設定

実行属性を付与して実行。

$ chmod +x FAH504-Linux.exe
$ ./FAH504-Linux.exe -freeBSD

ユーザー名、チームNo.などを聞いてくるので、適切に入力。初参加の人や詳細はkywさんのページなどを参照のこと。

FarCore_xx.exe のダウンロードが終わったら、一旦終了させる。

自動起動するように設定する

HAMAchanさんのページから起動スクリプトを拝借し、Folding/folding.sh として保存。

$ emacs folding.sh
$ chmod +x folding.sh

次にcrontabを編集する。

# crontab -u -e ユーザー名
@reboot ~/Applications/Folding/folding.sh start

間違いがなければ、再起動後、関連プロセス(FAH〜やFah〜)が起動しているのが確認できるはず。まったりと解析しましょう。

ACE COMBAT ZERO -THE BELKAN WAR-

アマゾンから届いたので、早速プレイ&1周目終了。とりあえず簡単にレビューをば。

前作ACE COMBAT 5のストーリーの根底を為していた、ベルカ戦争を主題にした本作。時間的に繋がりがあるとは言っても、ストーリーとしては全くの別物。なので、前作をプレイしていなくても、話が分からないということはない。

一方で、今までのACE COMBATシリーズと決定的に違うのは、シリーズ初プレイのユーザーのことは考慮されていないように見える点。5までは、押し並べて最初の何ステージかは、非常に簡単なステージで構成されていた(1は最初から、それなりに戦っていたような気もするけど)。

しかし、本作では1ステージ目からバリバリの空戦。既存ユーザーからしてみれば、最初から楽しめるので嬉しい。まぁ、本作は5の続編という位置づけなので、ナムコとしても、プレイするのは既存ユーザーという考えがあったのかもしれない。

そのせいかどうかは分からないが、難易度の配分が変わったように思う。俺的に、一番の鬼門だったのが、2ステージだった。いや、マジで(笑)。最終ステージもそれなりに大変だったけど、初めてプレイしたときのインパクトから言ったら、前者の方が断然上だ。

システム面は、殆ど前作と変わっていない。変わった所といえば、僚機への命令が若干細分化され、ロックオン対象をプレーヤが選びやすくなったこと位か。この2点については、前作の欠点を強化したような形になるので、大歓迎。他は、良くも悪くもACE COMBAT。これと言って不満はない。

ステージは、今までに無い要素が結構あった。思わず「なんじゃそりゃー」とか「はぁ!?」と言ってしまうような仕掛けで、なかなか面白かった。勿論、ACE COMBATシリーズ伝統の、アレも健在だ(笑)。

全体的には「急いで作りました」感が否めないが、内容は悪くないので、ACE COMBAT好きなら買っても損はないかなと。個人的には、あの超リアルなレンダリングムービーを見られただけで、元を取った気分になった(3DCGなのか、それとも実写なのか、確信が持てないくらいリアル)。

これから2周目行ってきまー。

チョーきれいだね!購入

Sofmapでワカ製作所の「チョーきれいだね!」が、3480円という超破格値で出ているとの情報を聞きつけ、早速、秋葉原のゲーム館で確保してきた。

PS/PS2専用としてならば最高画質、との誉れ高い本機だけあって、確かに画質は非常に鮮明で良好。というか鮮明過ぎ。2405FPWのパネル解像度&サイズ、スムージングがそれほど強烈じゃないことも相まって、1ドット1ドットが目に見える。自分はこのドットドット感は嫌いじゃないのでいいが、気になる人は気になると思う。

入力はPSのAVマルチからのアナログRGBのみなので、名実共にPS専用アップスキャンコンバータなのだが、購入価格が購入価格なのでそれでもいい。でも、幸か不幸か、丁度手元にCXA1621Sがあるので、RGBデコーダを作ってY/C,コンポジット信号もつっこめるようにしようかと画策中。………まぁ、RGBデコーダを組み上げる前に、XRGB-3が出そうな気がするけど。

誰か、比較的まともで簡単に作れる、Y/C分離回路を教えて下さい。ググっても出て来ないんですorz

VIA C3とFreeBSDで作るサーバ

以前にもそんなことをしていたが、1から構築し直したので、その辺の備忘録。

■OS

(2006/ 3/14)

FreeBSD 6.0-RELEASEをインストール。

■Samba

(2006/ 3/14)

portsからSamba 3.0.21bをインストール。/etc/rc.confに「samba_enable=“YES”」を追加しないと、手動起動すらできないみたいなので要注意(かなりハマった)。

■iTunesサーバ

(2006/ 3/15)

mt-daapdを使って実現する。

最新版はiTunes 6.0.4に対応した0.2.4だが、portsのは0.2.3だった。

ここは0.2.4を手動インストールと行きたいが、依存関係を解決するのも面倒だし、かといって0.2.3ではiTunes 6.0.4に対応できない。というわけで、portsの0.2.3なソースを0.2.4なソースに差し替えてしまうという、かなり行儀の悪い方法で対処。

  1. portsからmt-daapd 0.2.3をmake install。そしてすかさず make deinstall。
  2. mt-daapd 0.2.4のソースを適当な場所に展開。
  3. ついでに文字化け対策用のパッチをあてる。
  4. configure.inの「-lgdbm」となっている適当な箇所を、「-lgdbm -liconv」に書き換える(パッチをあてるとlibiconvが必要になる為。もっとスマートな方法があるとは思うが、やり方知らない…^^;)
  5. portsのwork/src/mt-daapd-0.2.3以下を、展開したディレクトリの中身で丸ごと置き換え。
  6. make install
start.txt · 最終更新: 2016-05-07 17:46 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0